このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 観光・文化・イベント >  文化(音楽・アート・まつり) >  岡山シティミュージアム >  「第40回岡山戦災の記録と写真展―平和への思い、40年―」



ここから本文です。

「第40回岡山戦災の記録と写真展―平和への思い、40年―」

「岡山戦災の記録と写真展」は今年で第40回目を迎えました。この企画展示の大きなテーマの一つである岡山空襲が行われた1945年(昭和20年)6月29日から70余年が経過しました。しかし、私たち岡山市民は、戦時中私たちが暮らしている街が空襲により一面焦土となったことを忘れてはなりません。

戦後まもなく、昭和20年の翌年には既に岡山市が情報収集を行い、戦災史を刊行しようという動きもありましたが、実現にはいたりませんでした。しかし、戦禍の痛手のなかでも戦災の記録収集や追悼行事等は行われてきました。戦後20年の年には岡山市戦災20周年記念展覧会も開催されています。そして、岡山空襲から数えて33年目となった1978年(昭和53年)に岡山市立図書館により第1回目の「岡山戦災の記録と写真展」が開催され、その後、様々な平和を祈念する企画展示等につながっていきました。

第40回目の開催となる今年は、「市民のくらし」、「平和への思い」という視点から、戦争末期や終戦直後の困難な状況や平和を願う人々の様々な記録について展示し、岡山のたどった復興の歴史を振り返るとともに平和を希求した活動を顕彰することでその思いを新たにします。

岡山空襲について

1944年(昭和19年)から1945年(昭和20年)にかけて、日本全土において市街地を対象とした大規模な空襲が米軍によって行われました。岡山市の場合は1945年(昭和20年)6月29日に大規模な空襲を受け、当時の市街地の63%を焼失し、少なくとも1737人*の死者が出ました。(*死者は2000人をこえるという説もあります。)

開催概要

開催期間:平成29年(2017年)6月16日(金曜日)から7月2日(日曜日)まで
開催場所:岡山シティミュージアム 4階企画展示室・5階岡山空襲展示室
開館時間:午前10時から午後6時(入場は午後5時30分まで)
休館日:毎週月曜日(6月19日、26日)

観覧料

無料

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山シティミュージアム
電話:086-898-3000 ファクス:086-898-3003
所在地:〒700-0024 岡山市北区駅元町15-1[地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。