岡山市 > 文化振興課 > おかやま国際音楽祭 > おかやま国際音楽祭2007 > おかやま国際音楽祭2007報告書

おかやま国際音楽祭2007/事業報告
OKAYAMA INTERNATIONAL MUSIC FESTIVAL
報告書

「音楽にあふれる魅力あるまち〜おかやま」を目指して

◆趣旨
おかやま国際音楽祭は市民の自発的で主体的な音楽活動を支援し、市民の企画と運営で創り上げる「市民協働型」の音楽祭を核としながら、より多くの方に楽しんでいただき、内外からのお客様に楽しんでいただける、世界に発信できる音楽祭を目指す。

◆期間   
プレイベント  平成19年8月5日〜9月21日
メインイベント  平成19年9月22日〜9月30日
アフターイベント平成19年10月1日〜平成19年10月18日

◆主催  
各事業主催団体・おかやま国際音楽祭実行委員会・岡山市



伊藤宏恵メゾソプラノリサイタル

報告写真■日 時 平成19年8月17日開場18:30開演19:00
■会 場 ルネスホール
■入場数 290人
■出 演
伊藤宏恵、シュテファン・アルバース(フルート)、橋本佳子(ピアノ)、今脇聡子(朗読)
■曲 目
モーリス・ラヴェル/交響詩「シェヘラザード」より1 アジア 2 魔法の箱 3 つれない人
レオ・ドリーブ/ヴァン・ロイヴェン/夜鳴きうぐいす
ジャック・イベール/「2つの東向きの碑」より 1 わが愛人は水の美質をもつ 2 人は言う 他
■主催団体感想
2回目となる今回のリサイタルでは、以前から取り組んでみたいと考えていた楽器(フルート)との共演が実現。また、岡山ではあまり聴くことの少ないフランス歌曲をプログラムに構成したりと、新しい試みで、大勢の皆様に聴いて頂くことができました。また、おかやま国際音楽祭のご支援を受けリサイタルが出来ましたことに感謝申し上げます。


岡山市ジュニアオーケストラ第43回定期演奏会

報告写真■日 時 平成19年8月26日開場14:30開演15:00
■会 場 岡山シンフォニーホール
■入場数 1,380人
■出 演 岡山市ジュニアオーケストラ(演奏)新田孝(指揮)

■曲目 モーツァルト/交響曲変ホ長調KV16、
ヘンデル/ハープ協奏曲 変ロ長調 ハープ独奏:赤木野々花(団員)
チャイコフスキー/戴冠式祝典行進曲、
シベリウス/フィンランディア、
マスカーニ/カヴァレリアルスティカーナより「間奏曲」、
シャブリエ/狂詩曲<スペイン>




ともともといっしょ

報告写真
■日 時 平成19年9月8日、9月9日 開場13:45 開演14:30
■会 場 蔭凉寺
■入場数 9/8 120人  9/9 200人
■出 演 9/8 ワークショップ 体験!「ガラクタ音楽会」山口とも
    9/9  演奏会「ふえとごみのおとだま」
■内  容 
赤ちゃんから楽しめる音楽会。ともともの愛称でおなじみの山口ともさんを迎えて、1回目はフィルムケースやペットボトルからみんなで楽器を作って全員で合奏しました。2日目は神楽笛の達人、ことさんを加えての楽しくもあり、音楽的、技術的にも聴きごたえのあるコンサートでした。
■主催団体感想 
すっかり恒例となった、ともとものライブ。毎年入りきらないくらいの人気ぶりで窮屈な思いを皆様にさせてしまった反省から今年は思い切ってステージを庭に設営、お蔭様であまり混雑しませんでした。ワークショップも大変好評でしたが、安く設定しすぎて興業的にはあまり成功とは言えませんでした。子どもの料金設定どのようにするべきか等、運営面で課題を残してしまったように感じています。


カルチャーゾーン・ミュージック・フェスティバル

報告写真■日 時 平成19年9月8日,9日,15日,24日
■会 場 ルネスホール他
■入場数 9/8 240人, 9/9 200人    9/15 250人, 9/24 230人
■出 演 9/8  高砂高校ジャズバンド部
      9/9  松本和将、小川理子
      9/15 東雲マリ、福武三次
      9/24  Dee Daniels、鈴木良雄、セシル・モンロー
■内 容 
9/8 高砂高校ジャズバンド部によるステューデントジャズコンサート9/9 松本和将と小川理子、 2人のピアニストによるガーシュイン特集
9/15 東雲マリ、福武父子による市電コンサート
9/24  Dee Daniels、鈴木良雄トリオによるジャズコンサート
■主催団体感想 
アマチュア、プロフェッショナルミュージシャン、それぞれにいろいろな角度から音楽に取り組み、多くの楽しみを与えてくれた様に思います。



6回おかやまJAZZフェスティバル

報告写真■日 時 平成19年8月5日〜12日、9月15日,16日、10月18日
■会 場 岡山市民会館、中国銀行本店前特設ステージ、ルネスホール 他
■入場数 8/5〜8/12 8,270人、9/15〜16  2,200人、10/18 150人
■出 演
山下洋輔 渡辺香津美、
吉田美奈子 山本容子、
川嶋哲郎 鳥越啓介トリオ、
通天閣スペシャル マコトリオ 他
■内 容
 8月5日〜12日を1st stage  9月15日16日を2 nd stageとして10シーンのジャズライブを中心としたイベントを開催。後楽園幻想庭園特設ステージ、ルネスホール、中国銀行本店前広場特設ステージ、しろちか広場、オランダ通り特設ステージ、そして岡山市民会館。会場は全部で6会場。内訳は無料イベントが6、有料イベントが4。

■主催団体感想 
中国銀行本店広場の無料ライブイベントは通算6回目という事もあって固定ファンも増員。ゆったりとくつろぐように楽しんでくださる方が多数で、夏の岡山市内での1つの“祭”とも感じられます。オランダ通り特設ステージでのライブパフォーマンスは雨天となりましたが、商店街の皆様やミュージシャンの熱意でもって中断・中止することなく無事にイベントを終えることができました。全イベントを通じてご協力賜りました、大勢の皆様に御礼を申し上げます。



日本の音のフェスティバル2007in岡山

報告写真■日 時 平成19年9月15日、16日 11:00〜17:00
■会 場 岡山市デジタルミュージアム
■入場数 2,600人
■出 演 おおたか静流、中馬芳子、田辺洌山、鬼太鼓座、 秀、谷北一聲、 小林成水、楽中練、般若帝国、TSUGUKAJIKOTO、菊央雄司、片山旭星、川村旭芳、米澤俊祐、河野紫、杭東詠水、松原孔水、渡邊香澄、玉城貞子、西村豪、小濱明人 他
■内 容 
三味線や琵琶、笙や篳篥など様々な和楽器に自由に触れられてインストラクターから演奏の仕方も教えてもらえるコーナーをメインに、ライブや楽器の製作実演などがある伝統邦楽の総合イベント。ライブでは「村祭」などを演奏。
■主催団体感想 
多くの来場者に恵まれ、アンケートでも「よかった」という回答が90%を超える結果となり、子どもたちを中心に伝統邦楽に触れる良いきっかけになったのではないかと考えている。しかしながら、「ライブ時のマイクの音が小さかった」といった意見もあり、その点については今度の改善点としたい


岡響ワークショップコンサート〜あなたもsoloist? part3 in灘崎

報告写真■日 時 平成19年9月15日 開場14:30 開演15:00
■会 場 灘崎町町民会館
■入場数 461人
■出 演
岡山交響楽団団員
杉本賢志(指揮)
ソリスト:玉井建道(ピアノ),渡辺千夏(ピアノ)、難波実夏子(ピアノ)、松北優里(ヴァイオリン)、臼井真菜(フルート)
■曲 目
ヴィヴァルディ/協奏曲集「四季」作品8より春・夏
リチャード・ロジャース/サウンド・オブ・ミュージックより
ブルクミューラー/狩 アヴェマリア(オーケストラ伴奏付)
ヴィヴァルディ/「調和の霊感」作品3 NO6イ短調
シャミナード/コンチェルティーノ
■主催団体感想

子供たちにオーケストラの伴奏でソリストを体験してもらうワークショップコンサートも3回目でしたが、マンネリ的様子もなく、お客様にも喜んでいただけたコンサートでした。楽器体験のワークショップも例年通り多くの方が参加してくれて楽しいコンサートでした。この様なコンサートが続けられればうれしく思います


ちびっこクラシック2007〜岡フィルといっしょ〜

報告写真■日 時 平成19年9月15日 開場14:00 開演15:00
■会 場 岡山シンフォニーホール
■入場数 1,560人
■出 演
山上純司(指揮)有賀とういちろう(語り)岡山フィルハーモニック管弦楽団(管弦楽)
■曲  目
エルガー/行進曲「威風堂々」
第1番、楽器のお話と紹介
ヨゼフ・シュトラウス/鍛冶屋のポルカ、
ヨハン・シュトラウス/ポルカ「雷鳴と電光」
オッフェンバック/序曲「天国と地獄」より、
プロコフィエフ/「ピーターと狼」
みんなで歌いましょう「さんぽ」「手のひらを太陽に」
■主催団体感想
「0歳児から大人まで」をキャッチフレーズに、楽しいオーケストラ入門の演奏会を実施した。プロコフィエフ作曲の「ピーターと狼」は、有賀とういちろう氏の語りもすばらしく、子ども達を音楽の世界引き込んだ。最後に「さんぽ」「手のひらを太陽に」をオーケストラと一緒に合唱し、楽しく終了した。



ヴァイオリンとピアノで綴るフランスの香りコンサートParfum de France”

報告写真■日 時 平成19年9月16日 開場14:00 開演 14:30
■会 場 さん太ホール
■入場数 223人
■出 演
アテフ・ハリム(ヴァイオリン)
村木洋子(ピアノ)森明美(司会)
■曲目
マスネ/「タイスの瞑想曲」、
ドビュッシー/「亜麻色の髪の乙女」「ヴァイオリンソナタ」、
ラヴェル/「ハバネラ」、フォーレ/「子守歌」、
サンサーンス/「死の舞踏」、
フランク/「ヴァイオリンソナタ」
■主催団体感想
フランス人作曲家の曲ばかり集めた演奏会は珍しく、タイトル「フランスの香り」にふさわしいフランス音楽の感性の豊かさや懐の深さ、おしゃれで気品あふれる軽やかさなどが感じられる楽しいコンサートになりました。若い人にももっと聴いてほしかったです



パガニーニのテーマによるコンサートとダンス〜芦田田鶴子&加藤ひろこ〜

報告写真■日時   平成19年9月17日 プレ公演 開場10:15 開演11:00、マチネ公演 開場15:00 開演15:30
■会場    テルサホール
■入場者数  760人
■出演    芦田田鶴子、 近藤浩子、 田岡真佐子 他

■曲目
カプリースOp.1;24 パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43 他
■内容    
パガニーニ、ラフマニノフのクラシックの音色からL.ウェバーのジャズの響きまで。素晴らしい音楽のバリエーションとダンスパフォーマンスの共演



あなたも岡フィルと共演しませんか シリーズW〜 I am a SOLIST

報告写真■日 時 平成19年9月17日 開場14:00 開演15:00
■会 場 岡山シンフォニーホール
■入場数 650人
■出 演
山上純司(指揮)岡山フィルハーモニック管弦楽団(管弦楽団)
ピアノ:山下陽子 桑原良恵 石黒唯久
ソプラノ:上杉理恵 松井順子 ズビャーギナ章子
フルート:山岡祐子
ヴァイオリン:中根由貴 福田廉之介
マリンバ:正富明日香
■曲 目
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第1番第1楽章、
ヴェルディ/歌劇「オテロ」より“柳の歌”
ニールセン/フルート協奏曲第1楽章、
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調第1楽章
黛敏郎/シロフォンとオーケストラのためのコンチェルティーノ第2・第3楽章
モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番第1楽章
ドニゼッティ/歌劇「アンナ・ボレーナ」より“私の生まれたあのお城”
クライスラー/プニャーニのスタイルによる「プレリュードとアレグロ」
カタラーニ/オペラ「ワリー」より“さようならふるさとの家よ”
プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番 第1楽章
■主催団体感想
アマチュアのソリスト10名が、協奏曲やオペラのアリアなど様々な名人芸を披露した。中でも小学校2年生の福田廉之介君のヴァイオリン演奏には、客席から感嘆の声が上がった。また、多くの障害を克服してステージに立った盲目のピアニスト桑原良恵さんの演奏は客席も演奏者も大きな感動に包まれた。



親子で楽しむクラシックコンサート「ウィーンの森の物語」

報告写真■日 時
【コンサート】平成19年9月21日 開場18:00 開演18:30
【ワークショップ】平成19年8月25日 「クラシック音楽の楽しみ方」「ストロー笛をつくろう」■会 場 西大寺市民会館
■入場数 402人
■出 演 日本サロンコンサート協会
■曲 目
 雷鳴と稲妻 白鳥の湖より ラ・パロマ 楽器の話 天国と地獄 バイバーマーチ  クラプフェンの森で ハンガリア舞曲 きみをのせて ウィーンの森の物語
 (体験コーナー)楽器のそばで聴いてみよう、指揮コーナー、水笛に挑戦、みんなで歌おう
■主催団体感想
 開場とともにウェルカム演奏がロビーで行われ、入場する親子は、はじめから楽しい雰囲気に包まれました。質の高いクラシック曲演奏の合間に、子どもの体験コーナーがたくさん盛り込まれていて、子どもたちは終始興味深くよろこんでコンサートに参加していました。コンサートの最後に演奏された「ハンガリア舞曲」では会場全体の大手拍手で盛り上がりました。クラシックコンサートの枠を幼児・低学年に広げたよい公演だったと思います。



オープニングパレード

報告写真■日 時 平成19年9月22日 11:00〜
■会 場 桃太郎大通り〜表町商店街
■入場数 1,000人
■内 容
音楽祭のオープニングにあたり、地元マーチングバンドや市民音楽家、岡山出身のアーティストによる華やかなパレードを開催
■感 想
マーチングバンドの協力をいただきながら、多くの市民の方におかやま国際音楽祭の開幕を伝えることができました。




オープニングセレモニー&スペシャルライブ

■日  時 平成19年9月22日 15:00〜 パレード・セレモニー  17:00〜20:30スペシャルライブ
■会  場 桃太郎スタジアム
■入場数 10,000人
■出 演 
中西圭三 葛城ユキ 岸田敏志 dorlis 数原晋 国府弘子 フライド・プライド 伊東ゆかり 吉幾三 小柳ルミ子 島津亜矢 島津悦子 藤原浩 塩田美奈子 川島基 柾木和敬 ヤン・チェン ZERO アナスタシア・チェボタリョーワ キャット・マクドウェル ウォルフ・ユング・ハンス 姜建華 秀々 山部兄弟 富川市・新竹市訪問団 市民音楽家の皆さん 宮本隆治 芳村真理  
岡山フィルハーモニック管弦楽団 岡山交響楽団 岡山シンフォニックバンド 他

■内容 おかやま国際音楽祭のオープニングを飾る、メインイベント。 地元岡山出身のアーティストや国内外のゲストアーティストがジャンルを越えて桃太郎スタジアムに集結。市民音楽家と共に、オリジナルライブを繰り広げました。市民とアーティストのコラボレーションや観客も一体となった熱いライブとなりました。足をお運びいただきました市民の皆さん、市外県外の皆さん、ありがとうございました。



かよ&ふれんずチャリティー親睦カラオケ発表会 〜伍代夏子さんを迎えて〜

報告写真■日  時 平成19年9月22日 開場8:30 開演9:00
■会 場 御津文化センター
■入場数 500人
■出 演 伍代夏子 みずき舞 カラオケ出場者150名

■主催団体感想
今回のイベントはおかやま国際音楽祭と言う大きな祭りの一環として参加させて頂きました。お蔭様で遠くは京都、大阪、四国からもご参加頂き盛会に終えることができました。「伍代夏子さんというビッグ歌手が近くに来てくださってこんなにうれしいことはない」とか「本当に楽しませてもらってありがとうございました」とか皆様からの声を聞きました。喜んで頂くことが出来て感謝すると同時に喜びを感じております。ありがとうございました。



岡山城スペシャルライブ 渡辺貞夫カルテット2007

報告写真■日 時 平成19年9月23日 開場18:00 開演19:00
■会 場 岡山城天守閣前広場(烏城公園)
■入場数 630人

■出 演 
渡辺貞夫
ハーヴィー・メイソン
スティーヴン・スコット
デイブ・カーペンター

■内 容
 日本を代表するトップミュージシャンとしてジャズの枠に留まらない独自の音楽性で世界を舞台に活躍する渡辺貞夫のスペシャルライブ。岡山らしさ溢れる岡山城の真下にステージを設け、繰り広げられた夏の夜のジャズライブに、多くのお客様が時間を忘れて酔いしれました。



コンサート電車

報告写真■日 時 平成19年9月23日・30日 10:00〜16:00
■会 場 路面電車「MOMO」
■入場数 1,000人
■出 演 
 檜山武雄 澤根育生
 DENSEN 佐々木英代
 中山恵理 熊代真理
■内  容
 今年も行いました!岡山市街を走る路面電車の中でのユニークなコンサート!うつりゆく風景とともににぎやかな音楽の世界が車内を満たしました。




早島町連携事業

“ゆるび”コンサートシリーズ「秋」千住真理子ヴァイオリン・リサイタル


報告写真■日  時 平成19年9月23日 開場17:30 開演:18:00
■会 場 早島町町民総合会館・ゆるびの舎文化ホール
■入場数 540人
■出 演 千住真理子

■曲 目 
J.Sバッハ/主よ、人の望みの喜びよ、パッヘルベル/カノン
ショパン/夜想曲 第2番、ドビュッシー/月の光、
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ、リスト/愛の夢 他

■主催団体感想 
世界的ヴァイオリニスト千住真理子さんを早島町へお招きし、ヴァイオリン・リサイタルを開催しました。千住さんの高い技術と、名器ストラディヴァリウス「デュランティ」の豊かな深い音色に、満員の観客は感動に包まれました。演奏曲はポピュラー曲が多く、千住さんの丁寧な曲目解説も大好評でした。

※写真:宅間國博




10回岡山学生フルートコンクール

報告写真■日 時 平成19年9月23日(予選)開演12:30(本選)開演17:30
■会 場 岡山シンフォニーホールイベントホール
■入場数 180人
■出 演 小学生の部6名 中学生の部16名 高校生の部16名
■内 容 
フルートコンクール部門を小学生の部・中学生の部・高校生の部の3部門とします。小学生の部には予選は無く本選のみで成績上位3名を1位2位3位とします。曲は自由曲のみ8分以内の曲です。中学生の部と高校生の部は予選を行いなす。本選出場者は、それぞれの部上位成績5名が選ばれます。本選成績上位順に1位2位3位、入賞者2名とします。演奏曲目は本団体指定の課題曲と8 分以内の自由曲2曲とし、5名の審査員が審査します。
■主催団体感想
昨年より新しく企画された小学生の部、保護者の方と不安気な表情で出演した去年と比べ、今年は堂々とした表情に見え、中学生、高校生に負けないくらい。やはり本番経験はすごいなと感じました。

■結 果 
小学生の部 1位 小川りな  2位 高橋千奈乃 3位 道満由貴
中学生の部 1位 臼井真菜  2位 青江早希子 3位 近藤育水  入選 秋山彩華 根石莉奈
高校生の部 1位 永瀬有里恵 2位 那須有紗  3位 岩田智沙  入選 小坂亜衣 難波伽奈


合併特例区特別コンサート 〜小柳ルミ子さんと共に〜

報告写真日 時 平成19年9月23日 開場13:00 開演14:00

■会 場 建部町文化センター

■入場数 540人

■出 演 小柳ルミ子 芳村真理

■内 容 
歌手として女優として、その活躍の場を広げる小柳ルミ子さんをお招きして、案内人の芳村真理さんとの楽しいトークと、「瀬戸の花嫁」をはじめとしたヒット曲の数々をお届けしました。


藤原素子シャンソンライブワサブローとともに

報告写真報告写真■日 時 平成19年9月23日 開場13:30 開場14:00
■会 場 さん太ホール
■入場数 270人
■出 演
藤原素子(ヴォーカル)
ワサブロー(ヴォーカル)
ウエキ弦太(ギター)
坂上領(フルート)
新岡誠(ベース)

■曲 目
ラヴィアンローズ、さくらんぼの実る頃 聞かせてよ愛の言葉を、ラ・ボエーム、再会 他

■主催団体感想
公演日が彼岸の中日であったため、集客に力が入ったが、お蔭様でさん太ホールを満席にすることができた。コンサートの内容についてお客様から頂いた評価とともに、この事業の成功を喜んでいます。




里丘スペシャルライブ 国府弘子スペシャルトリオ

報告写真■日 時  平成19年9月24日 開場17:00 開演18:00
■会 場  おかやまインターパークス里丘
■入場数  120人
■出 演  国府弘子 八尋洋一 岩瀬立飛

■内 容 
岡山市民のオアシスである西川緑道公園に隣接する「おかやまインターパークス里丘」。癒しのエリアから現在話題のジャズピアニスト国府弘子のスペシャルライブ。
あいにくの雨空でしたが、多くのお客さんが国府さんのピアノの音に耳を傾けました。最後には雨が上がり、感動のステージとなりました!




大好きクラシック


報告写真■日 時  平成19年9月24日 13:30〜17:00
■会 場  アムスメール上之町商店街 時計台前
■入場数  500人

■内 容  
クラシックが好き、音楽が好きという方たちの、日頃の練習の成果を披露する場を設け、多くの方々に聴いて頂く。

■主催団体感想 
今年は、過去最高の出演者数で、大変にぎやかな一日でした。30グループは経験したことがなく、初めて時計台に灯りがともる時間まで演奏がありました。今年一番助かったのが、商店街の放送を止めていただけたことです。皆さんの演奏をゆったり聴いていただくためにもとても助かりました。スタッフが少ない中、出演者の方たちの協力も得て、無事に終えることができてホットしております。




DENSEN二胡ふれあいコンサート

報告写真■日 時 平成19年9月24日 開場13:30 開演14:00
■会 場 岡山市立市民文化ホール
■入場数 228人
■出 演
DENSEN 山路みほ 高須理佳 齋藤真希子 清水節子
■曲 目 
二胡をはじめ、馬頭琴、京胡、板胡、高胡、中胡、日本の胡弓の演奏にピアノ、お琴の伴奏を加えた。楽器のふれあいコーナーを設けて、48名が体験しました。
■主催団体感想
県外からも大勢の人がコンサートに来てくださり、大変ありがたいと思っております。大勢のお客様は「二胡に触れるって夢にも思わなかった。色々違う胡弓を聴けて、生まれて初めて馬頭琴の生演奏を聴いて良かった」との意見があった。宣伝や観客動員には力不足で、もっと多くの市民に知っていただく方法を検討しなければならないです。



OKAYAMA DAY

■日 時 平成19年9月26日・27日
■会 場 岡山シンフォニーホール イベントホール
■入場数 150人
■内 容
地元出身のクラシック系アーティストのコンサート。声楽からアンサンブルまでの音楽家たちの演奏が行われました。本音楽祭の音楽プロデューサー中西圭三さんも出演し、Shall we danceのアカペラを披露されました。

ドリームコンサートfor KIDS 速水けんたろう&山岡ゆうこコンサート

報告写真

■日 時 平成19年9月29日
(1回目)開場12:30  開演13:00
(2回目)開場15:30 開演16:00
■会 場 西川アイプラザ
■入場数 1回目190人 2回目130人
■出 演 
速水けんたろう 山岡ゆうこ
中国短期大学保育学科の皆さん

■内 容
NHK総合「おかあさんといっしょ」の元・歌のお兄さんの速水けんたろうと岡山出身の歌のお姉さん山岡ゆうこを迎えて、子どもたちと一緒に、親子で気軽に楽しめるコンサートが開催されました。たくさんの家族連れでにぎわい、みんなで歌って体を動かした本当に楽しいコンサートになりました!



マンドリンと箏の奏でるコンサート“夢絃の舞”〜伊丹典子&山路みほ〜

報告写真■日 時 平成19年9月29日 開場13:30 開演14:00
■会 場 岡山県立美術館ホール
■入場数 151人
■出 演 伊丹典子(マンドリン・マンドラ)、山路みほ(箏・十七弦)

■内 容 
マンドリンと箏による和洋のセッション。それぞれのソロと二重奏により、楽器の新しい可能性を追求した。マンドリンが筝曲に、箏がクラシックや現代曲に挑戦。「春の海」「リベルタンゴ」「G線上のアリア」他

■主催団体感想 
和洋のコラボレーションは近年珍しくないが、マンドリンと箏の組み合わせはソロでは他に例がないと思う。二重奏の曲はそれぞれの楽器の持ち味が生かされ、双方が響きあうように奏者自らが工夫し、アレンジした。今回は照明・演出にも工夫を凝らした。各楽器とも、各々和洋のイメージを超越した演奏で、美しい響きが新鮮な驚きをもって聴衆を魅了した。



岡山の郷土芸能まつり

■日 時 平成19年9月30日11:00〜15:00
■会 場 岡山城天守閣前広場(烏城公園)
■入場数 200人    
■出 演 備中神楽 吉備楽 倉敷天領太鼓 他
■内 容 岡山城を借景に、地元に脈々と受け継がれてきた郷土芸能が集い、それぞれの個性を競いあう祭典となりました。


OKAYAMAエンターテイメントチャレンジ

報告写真■日 時 平成19年9月30日 開場14:30 開演15:00
■会 場 さん太ホール

■内 容 
地元だけでなく、広く参加者を募集し、新しいアーティストを発掘・支援するノンジャンルの音楽コンテスト。
おかやま国際音楽祭を象徴するアーティストの発掘・支援を目指した第一回の本プロジェクトの優勝者は、川崎市出身のウォリさん!代表曲「巡る歌」など、四季の叙情を歌った美しい旋律が、審査委員長中西圭三さんなどの心を揺さぶりました。
ウォリさんはおかやま国際音楽祭実行委員会の支援を受けて、2008年にCDデビューを果たしました。




和と洋のコラボレーション 若き芸術家たちの競演〜岡山から世界へ2007〜

報告写真■日 時 平成19年9月30日 開場17:00 開演17:30
■会 場 岡山シンフォニーホール
■入場数 1,000人
■出 演 
岸本南山(尺八)
川島基(ピアノ) 
慶児道代(歌) 
小池郁江(フルート)
■曲目 
カプリッチオ、飛雲、秋の調べ、フルート協奏曲ロ単調作品30(17)   Biblicke pisne(聖書の歌)作品99、即興曲作品142第2番変イ長調、
ピアノソナタ第3番嬰へ短調作品23
和・洋それぞれの分野から、俊英のアーティストたちが競演。優美なコラボレーションがお客さんを魅了しました。



ブロードウェイミュージカル「フロッグとトード

報告写真
■日 時 平成19年9月30日 開場13:30 開演14:00
■会 場 岡山市民会館
■入場数 396人

■内 容 
アーノルド・ローベル作の「フロッグとトード(ふたりはともだち)」をミュージカルとして上演。がまくんとかえるくんの温かな友情が伝わってくる心優しいミュージカル。

■出 演 
石丸謙二郎 
川平慈英 
おかやまはじめ
高谷あゆみ 
中山昇  宮菜穂子 他

石丸謙二郎、川平慈英、おかやまはじめなどの一流舞台俳優たちが、楽しい楽しいスイングを披露。子どもたちも笑って喜んだ、ハッピーなミュージカルでした。






親と子のふれあいフェスティバル

■日 時 平成19年9月30日 10:00〜15:00
■会 場 江尻レストパーク
■入場数 2,000人
■出 演 山岡ゆうこ
■内 容 NHKの歌のお姉さんで岡山出身の山岡ゆうこさんを迎え、合併記念の特別コンサートを開催。家族連れで大勢にぎあう、楽しいコンサートになりました。


フレンドシップイベント

報告写真■日 時 平成19年9月30日 19:30〜21:00
■会 場 さん太広場
■入場数 350人
■出 演 
中西圭三 芳村真理 葛城ユキ 
八代亜紀 ウォルフユングハンス ウォリ他

■内 容 
音楽祭に出演した市民音楽家や各コンサートの出演者の皆様の交流イベント。

■感 想
岡山市外のど真ん中、さん太広場で開催された、本音楽祭メイン期間のフィナーレとなる夜会。多くの関係者・市民の方が詰めかけ、歌を熱唱。エンターテイメントチャレンジ優勝者のウォリさんの演奏も披露されました。
最後は「地球のララバイ」を全員で合唱し、感動的なラストを飾りました。



アストロリコLIVE2007 en Okayama

報告写真■日 時 平成19年10月6日 開場14:00 開演14:30
■会 場 さん太ホール
■入場数 166人
■出 演
 アストロリコ(セステート6重奏団)
 門奈紀生(バンドネオン)     
 星野俊路(バンドネオン)   
 麻場利華(ヴァイオリン)  
 木村直子(ヴァイオリン)    
 平井かほる(ピアノ)
 大塚功(コントラバス)
 ルシア&アルバロ(ダンス)
■内 容 
関西を拠点に国内外で活躍している日本タンゴ界のトップミュージシャングループ「アストロリコ」と現在日本を拠点に世界的に活躍している本場のダンスカップル「ルシア&アルバロ」との演奏・ダンス競演によるタンゴの本格的ステージ。岡山初公演。

■主催団体感想 
今年から“国際”という銘冠の入った「おかやま国際音楽祭」に相応しい好プログラム、公演だったと自負している。実際、来場者の方々から口々に「素晴らしい演奏だった」「タンゴの演奏とダンスを初めて生で観た」「日本にもこんなに凄い本場の人たちに負けないタンゴのアーティストたちがいることを知った、初めて聴いた。」等などの声を頂いた。反響の大きさ、好感触は当日会場で販売したCDの売上にも現れていたように思う。タンゴというジャンルは未だポピュラーではない。日本のタンゴ・アーティストの地方公演は稀だ。充実した意義のある演目だったと思う。



ルネスの森のキャバレーナイト

報告写真■日 時 平成19年10月7日 開場19:30 開演20:00
■会 場 ルネスホール
■入場数 250人
■出 演 COLD FEET  BLACK VELVETS

■内  容 
ルネスホールを一夜限りのキャバレーステージショーに見立て、その昔この界隈に存在した社交場“キャバレー”を古き良き時代の情緒を彷彿とさせながら現代のスタイルで再現する。老若男女に幅広く味わい楽しんで頂く新たな魅惑のルネスの夜を創造するイベント。

■主催団体感想 
COLDFEETの音楽にノリ、ブラックベルベッツの音楽に揺れ、地元大学生のダンス部のコラボレーションもあり、出演者と観客が一体となった大変盛り上がったイベントになりました。会場の舞台、照明も予想を上回るショーアップな演出で、新たなルネスホールのスタイルが提案でき、体感頂けました。チケットも完売、お問い合わせが殺到し、当日券も多数発券となりました。次回も是非にとのリクエストを多くのお客様から頂きました。



20周年記念大会「2007マーチング・イン・オカヤマ」

報告写真【街角コンサート&パレード】
■日時 平成19年10月7日13:00〜
■会場 岡山駅前広場 さん太広場 表町商店街 他
■入場数 14,500人
■内 容
“街角に音楽を”をスローガンに岡山駅前や表町商店街でマーチングパレードを繰り広げる

【メインフェスティバル】
■日 時 平成19年10月8日 9:00〜16:30
■会 場 岡山市総合文化体育館
■入場数 7,000人
■内 容 海外・国内のマーチングトップバンドによる演技・演奏をお楽しみください。

■感 想
20周年記念大会となった今年は、とにかくアツイ大会でした!日本屈指のイベントといえるマーチングインオカヤマに国内の有名トップバンドが集結して、華麗なるパレードとフェスティバルでの熱演を披露。THE YOKOHAMA SCOUTS Drum&Bugle Corpsが、雄渾な演奏によりトップステージ第1位に輝きました!
また、アメリカより世界一のビッグバンドBlue Devilsが参加!華麗なる演奏に市民はもとより県内外から訪れた多くの方が酔いしれました。



岡山三曲演奏会

報告写真■日 時 平成19年10月8日 開場11:00 開演12:00
■会 場 岡山市民会館
■入場数 700人
■出 演 
特別ゲスト 吉村七重 田村法子、岡山三曲協会会員 227名

■内 容 
岡山三曲演奏会は一部、二部構成で一部は三曲会員による尺八、箏、三絃の合奏。二部は十三絃箏と同時に二十絃箏の第一人者吉村七重による演奏。
■出演者感想 
今年の演奏会を含め、ここ数年入場者が増加し、県の公募モニターも今年は20名と多いのに驚きました。お客様の増加と言う喜ばしい反面出演者のマナーについても改善をしていきたい。



設立10周年記念アミカ・コンサート「華」〜ボニージャックスと共に〜

報告写真

■日 時 平成19年10月8日 開場14:00 開演15:00
■会 場 岡山シンフォニーホール
■入場数 1,550人
■出 演 岡山女声合唱団「華」 ボニー・ジャックス

■曲 目 
空とぶうさぎ、TOKYO物語、夏の思い出、ああプランタン無理もない、ちいさい秋みつけた、雪の降る街を、若葉、野菊、牧場の朝 他

ボニー・ジャックスを迎えての、地元女声合唱団「華」とのコラボレーション。一杯になったシンフォニーホールに華やかな歌声が満ち満ちる素晴らしいコンサートとなりました。



ウンベルト・クアグリアタピアノリサイタル

報告写真■日 時 平成19年10月10日 開場18:30 開演19:00
■会 場 岡山シンフォニーホールスタジオ1
■入場数 50人
■出 演 ウンベルト・クアグリアタ

■曲 目 
ショパン/ノクターン 軍隊ポロネーズ
リスト/ハンガリアン狂詩曲第5番
バルトーク/驚異超絶技巧曲  他

■主催団体感想 
来岡4回目のアーティスト。アンコール3回3曲演奏で非常に芸術的にも技巧的にも優れ、深い感動を受けた方々が多く、次回は「もっと友達を誘い聴きにきます」等、多くの感想が寄せられた。CD完売状小ホールとしては成功。



 街角コンサート

街角コンサート報告写真街角コンサート報告写真
街角コンサート報告写真
街角コンサート報告写真

【アムスメール上之町コンサート】 
■日 時 平成19年9月22日・23日 
■場 所 アムスメール上之町商店街時計台前
■観客数 延べ500人

【岡山駅前ウェルカムコンサート】
■日 時 平成19年9月25日〜30日
■場 所 JR岡山駅前広場・イルカの広場
■観客数 延べ1,000人

【西川緑道公園ヒーリングコンサート】
■日 時 平成19年9月25日〜29日
■場 所 西川緑道公園
■観客数 延べ1,000人

【石山公園JAZZライブ】
■日 時 平成19年9月29日・30日
■場 所 石山公園
■観客数 延べ200人

【さん太広場「ダンス!ダンス!ダンス!」】
■日 時 平成19年9月29日・30日
■場  所 さん太広場
■観客数 延べ250人

【クレド前広場ストリートライブ】
■日 時 平成19年9月29日・30日
■場 所 岡山クレド前広場
■観客数 延べ900人

本音楽祭では、市内各所で無料の街角コンサートを展開。多くの人に足を止めていただき、音楽溢れる街空間をお届けしました。


◆広報活動

●資料提供(岡山市役所/市政記者室)

4月16日 おかやま国際音楽祭実行委員会の開催について
6月15日 おかやま国際音楽祭街角コンサート「大好きクラシック」出演者募集について
7月17日 おかやま国際音楽祭の開催について
9月13日 おかやま国際音楽祭「ウィーンの森の物語」の開催について
9月19日 おかやま国際音楽祭オープニングフェスティバル出演
        ウォルフ・ユング・ハンスさん谷市長表敬訪問について
9月28日 おかやま国際音楽祭「ウンベルト・クアグリアタピアノリサイタル」の開催について
        おかやま国際音楽祭フレンドシップイベントの開催について
12月3日  WOLFRAM  H.ALBER LIVE in KamonRウォリ〜巡る唄〜の開催について
12月19日 おかやま国際音楽祭チャリティーTシャツ収益金の贈呈式について
1月18日 (平成20年度)おかやま国際音楽祭実行委員会主催事業企画案の募集について
1月30日 (平成20年度)おかやま国際音楽祭「市民企画提案事業」の募集について


●岡山市広報紙「市民のひろばおかやま」掲載

6月号 おかやま国際音楽祭「第6回おかやまジャズフェスティバル」ボランティアスタッフ募集について
7月号 おかやま国際音楽祭街角コンサート「大好きクラシック」出演者募集
       おかやま国際音楽祭オープニングフェスティバル合唱団員募集
       おかやま国際音楽祭「設立10周年記念アミカ・コンサート華〜ボニー・ジャックスと共に〜」合唱団員募集
8月号  おかやま国際音楽祭について
2月号  おかやま国際音楽祭企画提案事業募集


●テレビ

8月16日〜31日 いきいきおかやま   Oniビジョン「おかやま国際音楽祭の紹介」
8月18日・19日  市政テレビ「OKAYAMA CITY TV」   山陽放送「さあ、みんなで奏でよう!岡山から世界へ。おかやま国際音楽祭」
9月2日・6日  必見!暮らしナビ  テレビせとうち「おかやま国際音楽祭〜音楽の魅力 岡山から世界へ〜」


●ラジオ

7月20日  OKAYAMA CITY INFORMATION SQUARE 岡山シティエフエム 「おかやま国際音楽祭参加者募集について」
8月23日  ラジオカーインフォメーション  山陽放送ラジオ 「おかやま国際音楽祭について」
8月30日  OKAYAMA CITY INFORMATION SQUARE 岡山シティエフエム 「おかやま国際音楽祭について」
9月3日  むさし・ふみ子の朝はミラクル   ラジオ大阪 「おかやま国際音楽祭について」
9月7日  OKAYAMA EVENING CUBE   岡山シティエフエム 「おかやま国際音楽祭について」


●その他

路面電車広告「超低床式路面電車MOMO」 水戸岡鋭治氏デザインによる音楽祭広告幕を車両側面に掲示
新聞・情報誌への広告・記事掲載
岡山市ホームページでの演奏会・音楽イベントの紹介
岡山市内町内会各班へ回覧 
岡山市内公共施設等でのチラシ配布 
岡山県内自治体や全国の音楽祭開催都市へのチラシ配布 など


◆おかやま国際音楽祭実行委員会委員名簿◆(敬称略・順不同)

委員長  佐々木英代   声楽家
副委員長 澤根育生    岡山シンフォニックバンド代表
委 員  芦田田鶴子   ピアニスト
     井内敏之    岡山シティエフエム代表取締役社長
     池内啓     岡山日日新聞社企画開発部部長
     沖野信雄    ()岡山シンフォニーホール文化事業部長
     近藤恒一    岡山市市民局長
     佐藤茂樹    テレビせとうち営業局事業部長
     佐藤道郎    岡山県吹奏楽連盟理事長
     白髭研介    山陽新聞社事業局局次長
     繁森良二    市民代表
     谷口弥生    岡山旭川ルネサンス代表
     長尾幸次郎   山陽放送業務局局長代理兼事業企画部長
     沼本俊晴    岡山エフエム放送専務取締役
      花房孝光    岡山放送営業局次長兼事業部長
      平井康嗣    ジャズフォーラム岡山代表
      村岡知子    グループ風代表
      横山卓司    岡山市表町商店街連盟理事長
監 事   星島明郎    中国短期大学名誉教授
      三村晃弘    (財)岡山市スポーツ・文化振興財団事務局長


◆主催・後援・協賛・事務局◆

<主催>  おかやま国際音楽祭実行委員会岡山市

<後援>  外務省 文化庁 岡山県 岡山県教育委員会 岡山市教育委員会 岡山商工会議所 社)岡山県観光連盟 ()岡山県郷土文化振興財団 NHK岡山放送局 KSB瀬戸内海放送 西日本放送 読売新聞大阪本社 朝日新聞岡山総局 毎日新聞岡山支局 (社)岡山市社会福祉協議会 (順不同)

<協賛>(敬称略・順不同)
財団法人福武教育文化振興財団、東和ハイシステム株式会社、備前自動車岡山教習所、株式会社ベネッセコーポレーション、
岡山市農業協同組合、学校法人加計学園、カバヤ・オハヨーグループ、株式会社クロスカンパニー、株式会社成通、全日空岡山支店、大日本印刷株式会社、株式会社天満屋、株式会社トミヤコーポレーション、吉幾三後援会
株式会社エイトコンサルタント、岡山ガス株式会社、岡山再生資源事業協同組合、株式会社中国銀行、両備グループ
IPU環太平洋大学、株式会社アス・ワン、OG技研株式会社 、岡山市測量設計業協会、カーツ株式会社、海成株式会社、株式会社岡山コンベンションセンター、協同組合岡山情報文化研究所、株式会社さえら、高雄工業株式会社、ナカシマプロペラ株式会社、株式会社丸五、株式会社天満屋ストア、株式会社サンヨープレジャー
株式会社アイアットOEC、安東機械工具株式会社、石川工業株式会社 、株式会社ウエスコ、株式会社NTT西日本岡山支店、岡山県農業共済組合連合会、株式会社岡山国際ホテル、岡山商科大学、株式会社岡山情報処理センター、株式会社岡山ステーションセンター、株式会社岡山スポーツ会館、岡山地区農業共済組合、岡山トヨタ自動車株式会社、岡山トヨペット株式会社、株式会社オリックスレンタカー中国、カイタック株式会社、梶原乳業株式会社、木口建築株式会社、木下サーカス株式会社、株式会社キャリアプランニング、キリンビール株式会社岡山統括支社、株式会社クラレ岡山事業所、株式会社コーセイカン、広成建設株式会社、株式会社山陽設計、株式会社山陽セフティ、三要電熱工業株式会社、株式会社山陽マルナカ、下津井電鉄株式会社、財団法人淳風会、昭和被服株式会社、信用組合岡山商銀、株式会社大和技術、株式会社デンショク、株式会社天満屋アドセンター、東京海上日動火災保険株式会社、DOWAエレクトロニクス岡山株式会社、株式会社徳元水産、株式会社徳山電機製作所、株式会社トンボ、株式会社中原製作所、日本たばこ産業株式会社岡山支店、株式会社ハピーマート、阪神溶接機材株式会社、福武観光株式会社、株式会社フジワラテクノアート、三井生命岡山統括営業部、メタコート工業株式会社岡山工場、ユアサ工機株式会社、渡辺機工株式会社、株式会社JTB中国四国


<事務局> 岡山市文化振興課内
      おかやま国際音楽祭実行委員会
      〒700−8544岡山市北区大供一丁目1−1
       TEL 086−803−1054 FAX 086−803−1763
       email:oimf@city.okayama.jp