原澄治・本田實記念館
原澄治・本田實記念館 建物外観 倉敷天文台は大正15年11月に当時としてはわが国で最大級の口径32cm反射望遠鏡を設置し、全国初の民間天文台として創立しました。当時の天文台はすべて官立で一般の天文愛好家は利用できなかったので、天文学普及のため誰でも観望できるようにと無料公開された施設です。
 原澄治・本田實記念館は、財団法人倉敷天文台構内の5mドームを使い平成5年11月21日に開館しました。
 記念館の2階は「原澄治記念室」として天文台設立時に購入した32cm反射望遠鏡、創設のころの天文台関係の文献や新聞記事、創設者原澄治の書や陶芸作品等を展示しています。
 1階は「本田實記念室」として、昭和16年以来倉敷天文台で活躍し、生涯に新彗星12個、新星11個を発見し、新天体捜索家として世界的に知られる本田實が愛用した観測機材や、星の写真の撮影フィルム等を展示しています。

原澄治・本田實記念館 2F 右側の望遠鏡が創設時購入の望遠鏡 所在地 倉敷市中央2−19−10

問合せ TEL 086−422−0001

開館時間 13:00〜17:00(月、水、金曜日のみ)

休館日 火、木、土、日・祝日・年末年始の約1週間

入館料 無料
      
      
岡山県内博物館・美術館リンク集へ