このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 青少年育成 >  岡山市の子ども会



ここから本文です。

岡山市の子ども会

 子ども会は、地域の中で、子どもたちが自分たちの思いをもとに、計画し、準備・運営する子どものための会です。
 子どもたちは子ども会での活動を通じて地域を知り、地域の人々とふれあい、地域の素晴らしい宝物を引き継ぐことができます。

子ども会の意義

 子ども会は、同じ町内や地域に住んでいる、年齢の違う子ども達が集まって、一緒に遊んだり、活動をしたりすることで、大きくなったら、幼なじみといえるような親しい友だちをつくったり、自分たちの暮らし(例えば町内での遊びや暮らしなど)をふり返り、よりよい町内でのくらしができるようにします。
 また、お楽しみ会や季節の行事(七夕会・お月見会、クリスマス会など)、ハイキングなどの行事の計画や準備・当日の運営、片付けなどを子どもたちの手でやっていきます。
 子どもたちがやってみたいこと、好きなことを話し合い、創り上げていくことで、子どもたちにとってかけがえのない素晴らしい思い出もできることでしょう。

子ども会での大人たち

 子ども会の主役は子どもたち。おとなは子どもたちの活動を支える応援団です。事故やけががないように安全についての気配りをしたり、必要な経費の面で子どもたちが困らないように計画したり、子どもたちだけではできないいろいろな人との交渉を行います。
 こうした子どもたちの活動をサポートするおとなの組織を、「子ども会育成会」といいます。
 「子ども会育成会」には、保護者や地域の様々な大人が入って、子どもたちの活動について話し合いをしています。

子ども会が今こそ必要です

 いじめや不登校、学級崩壊、児童虐待などが報道されない日はありません。こうした背景に、社会の変化に伴う子どもの集団の変化がうかがわれます。
 地域社会のつながりが希薄になり、子どもの「集団」経験が乏しくなったり、親やおとなも乏しい人間関係の中で子育てを困難にさせているのも事実です。いかに子どもの育つ地域をつくるかが大きな課題です。
 
 今の時代、子どもたちを育むために家庭、学校、地域がそれぞれの役割を果たし、地域の子どもを育む力を再生することが必要です。
 地域が子どもを育む力をもつためには、大人のつながりを築いていくことが大切です。 そして、地域の中に、大人に支えられた子どもたち自身の集団、子ども組織が築かれていくことが必要です。

 子どもたちは地域の異年齢の子ども集団の中で、様々なことを学び、身につけていきます。子どもたち自身の手で工夫して創っていく楽しさを知り、自分から積極的に活動する自主性を身につけていきます。異年齢の集団の中で、人をいたわり、人の気持ちを大切にする優しさが養われます。様々な遊びや体験を通じてものの使い方や技術が身に付いていきます。
 そして、町内のおじいさんやおばあさんにもいろんなことを教えてもらうなど、多くの地域の方と知り合い、子どもたちがこの町に暮らす一員になっていけることでしょう。子どもたちが地域に参画していくことができるでしょう。

 「地域の子どもは地域で育てる」、「地域の子どもは地域で守る」・・・そんな地域づくりの機運が高まっています。
 地域の中で、学校ではできない様々な体験が広がっていくためにも、今地域の中にいろいろな子ども組織が広がっていくことが大切です。
 とりわけ地域の子どもの暮らしと体験の場である子ども会の充実がとても重要です。

全市的な子ども会活動

 市内全域にある子ども組織であり、地域組織としての性格が最も濃い子ども会の活性化は重要です。
 しかし、多くの子ども会育成会では役員が1年交替であることで、大人が企画・運営する「おとな会」的な性格が強くなっているのが現実です。この時代だからこそ、子どもがつくる子ども会活動をめざしていきたいものです。
 地域子育て支援課では、市内全体の子ども会の連合組織である「岡山市子ども会育成連絡協議会」と協力して、子ども会活動の活性化のために次のような事業を行っています。

 (1)子ども会育成役員研修会
 (2)子ども会球技指導者安全研修会
 (3)子ども会親善球技大会
 (4)子どものリーダー養成事業


 また、子ども主体の子ども会活動を進めていくために、子どものリーダー育成が大切です。5~6年の班長さんたちを子ども会のインリーダー、中学生、高校生をジュニアリーダーと位置づけ次のような事業を行っています。

 (1)インリーダー研修会
  小学5年生を対象に3月に4泊5日
 (2)ジュニアリーダー研修会
  小学6年生を対象に3月に5泊6日
  中学生・高校生を対象に6月~11月に1泊2日もしくは日帰りの研修
 (3)岡山市ジュニアリーダーズクラブ「ポパイズ」の育成
  中学生・高校生のジュニアリーダークラブをつくり、定例会や学年会、研修会を行っています。小学生と一緒に子ども会行事を創るリーダーとして、地域の子ども会への派遣も行っています。
 (4)子どもわくわく体験活動促進事業
  子どもたちの豊かな体験活動を広げるためのモデル事業を実施しています。(わくわく犬島探険隊 など)
 (5)わくわく子どもまつり(毎年11月実施)
  市内の少年団体や子育て支援団体が一堂に会し、子どもの豊かな遊びの場を提供したり、子育て情報を発信します。
 (6)新春子ども会かるたとり大会(毎年1月実施)

ジュニアリーダーズクラブ『ポパイズ』

構成員
 子ども会の子どもたちの活動を援助する中学生・高校生です。
 子ども会を子どもたちの手で企画運営できるよう、インリーダーとともに活動します。

組織
 1983年に設立されました。メンバーである中学生・高校生が自主的に運営し、活動 しています。現在会員数約100人。

主な活動
 (1)子ども会の子どもたちと一緒にキャンプ、クリスマス会等の準備段階から実施まで取り組んでいます。
 (2)レクリエーション指導技術のレベルアップを図ったり、 会員の交流を図るための会を月1回程度行ったりしています。

入会申し込み
 岡山市岡山っ子育成局地域子育て支援課が窓口になっていますので、 興味を持った人はまずご連絡ください。申込書などを送付させていただきます。

ジュニアリーダーの派遣を受けたい時
 行事の実施日の4カ月以上前に岡山市岡山っ子育成局地域子育て支援課へご連絡ください。
 その際、行事の日時、場所、参加予定人数、大まかな内容 (例えばキャンプ、クリスマス会など)、ジュニアリーダーと一緒に行事の計画を立ててくれる子どもの人数などをお知らせください。
 なお、中学生・高校生の試験期間中などはご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山っ子育成局地域子育て支援課 青少年育成係
電話:086-803-1607 ファクス:086-803-1718
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。