このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 学び・生涯学習 >  教育・文化 >  教育に関する総合調査について



ここから本文です。

教育に関する総合調査について

 本市では平成26年度から、「教育に関する総合調査」を実施しています。
 この調査は本市の幼児児童生徒の学習習慣や生活習慣、保護者や教職員の教育に関する意識を把握し、子どもの学力向上や問題行動等の防止及び解決につなげていこうとするものです。
 集計結果については、本市の子どもたちの実態を広く市民の方にご覧いただくことで、市民協働による人づくりを推進する手掛かりとしていただくとともに、特に保護者の方にはテレビゲームやスマートフォン、家庭学習、あいさつや手伝い、地域とのかかわりなどについて、お子様と話をするきっかけになればと考えています。
 

調査の概要

1 調査の趣旨

 本市の幼児児童生徒の学習習慣や生活習慣、保護者や教職員の教育に関する意識を把握するためのアンケート調査を行い、その調査結果を教育施策の進行管理や各学校園の教育計画の作成等に効果的に生かすことで、子どもの学力向上、問題行動等の防止及び解決につなげる。

2 調査対象者

  岡山市立の小学校・中学校・高等学校の全児童生徒、幼稚園・認定こども園・小学校・中学校・高等学校の全保護者及び全教職員   
   (※認定こども園の保護者は3歳以上の子どもの保護者)

3 調査期間

 毎年10~11月

4 調査内容

 岡山市教育振興基本計画の適正な進行管理を行う上で必要な政策・施策の成果指標に係る実績値把握を中心とした調査(共通項目)と、毎年学校園で行っている学校評価に係る調査(独自項目)を一体化し、全市一斉に実施する。
 (※平成29年度から保護者及び教職員の項目の一部を変更)

5 調査方法

  • 調査用紙等は教育委員会事務局から各学校園あてに送付し、学校園毎に回収。集計作業は業者委託で行う。
  • 児童生徒用については、校内で調査票記入後、回収。クラス番号、出席番号の記入は学校の判断による。
  • 保護者用のうち、幼稚園及び認定こども園は園から直接保護者へ、小学校・中学校及び高等学校は児童生徒を通じて配付し、いずれも調査票記入後、封入したものを回収。学年、クラス番号の記入は学校園の判断による。また、家庭数での調査実施も可能とする。
  • 教職員用は、校園内で調査票記入後、回収。

6 活用について

<学校園>
  全市データと自校園のデータとの比較を通して、学校評価や教育計画の立案等に生かす。
<教育委員会>
  分析を行い、その結果を「岡山市教育委員会の事務に関する点検・評価報告書」に反映させるなど政策の進行管理及び施策展開の改善等に役立てる。

集計結果について

<過去の集計結果>

関連情報

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局教育企画総務課
電話:086-803-1571 ファクス:086-234-4141
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。