このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 小学校・中学校 >  保健体育 >  岡山市学校給食の歴史



ここから本文です。

岡山市学校給食の歴史

大正15年 4月 ・ 虚弱児・偏食児を対象に給食を開始(石井小学校)
昭和18年 4月 ・ 全小学校でパン給食を週1回開始
昭和20年 6月 ・ 空襲により給食を中断(大半の校舎が焼失)
昭和21年12月 ・ 連合軍放出の乾パンにより給食を開始
昭和22年 1月 ・ 連合軍払い下げ物資により副食給食(おかずのみによる給食)を開始(15校)
昭和22年10月 ・ 連合軍から脱脂粉乳の配給を受けミルク給食を開始する
昭和26年 1月 ・ 鹿田小学校が全小学校に先がけて完全給食(主食・副食・牛乳による給食)を開始
昭和29年 6月 ・ 学校給食法施行
昭和31年10月 ・ 全中学校に先がけて旭中学校(現:岡山中央中学校)が完全給食を開始
昭和32年 9月 ・ 共同献立を採用
昭和33年 9月 ・ 岡山市学校給食会を設立し,給食用物資の共同購入を開始
昭和46年 9月 ・ 岡山市学校給食センターを開設
昭和50年 2月 ・ 岡山市学校給食会が財団法人化
昭和56年 9月 ・ ほとんどの小学校で米飯給食を週1回開始
昭和58年 4月 ・ 全小・中学校で完全給食
昭和60年 1月 ・ 各学校に学校給食推進委員会設置
昭和61年11月 ・ 米飯給食を週1回実施
昭和62年 1月 ・ 米飯給食を週2回実施
昭和62年 4月 ・ 食器をアルマイトからステンレスに改善
平成 元年 9月 ・ ランチルームの整備(テーブル,椅子)を開始
平成 5年 3月 ・ 学校栄養職員を中心とした「学校給食指導の手引」を作成し、給食指導を開始
平成 5年 7月 ・ 「スクールランチセミナー」として夏休みに親子で学校給食体験学習を開始
平成 8年 4月 ・ 初めての食堂(120人用)が完成(操明小学校)
平成 9年 4月 ・ 文部省(現文部科学省)が「学校給食衛生管理の基準」制定
平成10年 7月 ・ 初めてのドライシステム調理場完成(岡北中学校)
平成11年 8月 ・ 岡山市学校給食運営審議会設置
平成11年12月 ・ 岡山市学校給食運営審議会が「岡山市における学校給食の今後の在り方について」中間報告
平成12年 4月 ・ 各学校の学校給食推進委員会を学校給食運営委員会に再編
平成13年 4月 ・ 米飯給食に岡山市内産米を使用
平成13年 4月 ・ 岡山市学校給食運営審議会が「学校給食の在り方について」答申
平成14年 2月 ・ 岡山市学校給食運営検討委員会設置
平成14年 9月 ・ 強化磁器(丼)を全校に導入
平成14年10月 ・ 米飯給食を週2.5回実施
平成15年10月 ・ 共同献立を基本献立に変更 ・ 米飯給食を週3回実施
平成16年 3月 ・ 強化磁器(多用途碗)を全校に導入
平成18年 1月 ・ うどん用の小麦粉を国産小麦粉とする
平成22年 4月 ・ 学校給食に米粉パンを導入
平成26年 4月 ・ 学校給食に米粉麺(ソフト麺,中華麺)を導入

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局保健体育課 学校給食係
電話:086-803-1595 ファクス:086-803-1885
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。