このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 施設案内 >  生涯学習・交流施設(公民館除く) >  視聴覚ライブラリー >  視聴覚ライブラリー主催の「名作映画会」4月は中止になりました。



ここから本文です。

視聴覚ライブラリー主催の「名作映画会」4月は中止になりました。

令和2年度「名作映画会」のご案内

毎月第4日曜日の午後2時から上映いたします。事前の申し込みは不要ですので,上映開始前までに会場へお入りください。多くの皆様のご来場をお待ちしています。なお,本年度も「郷土岡山」を学ぶ上映会の一環として,昭和30年ごろのニュース「おかやま映像玉手箱」を数分間,名作映画会の前に上映いたします。

  ・主催 視聴覚ライブラリー   ・場所 中央図書館2階視聴覚ホール   ・入場無料




4月開催の「名作映画会」について(中止になりました)

 4月の名作映画会は中止になりました。ここでは,2月に行われました名作映画会の紹介をさせていただきます。
 2月の名作映画会は「我が道を往く」を上映いたしました。1946年アメリカ映画です。
 『明日は来らず』『邂逅(めぐりあい)』で知られるレオ・マッケリー監督原案の感動作であり,教会を舞台に陽気な神父と周囲の人々との心温まる交流を描いています。
 ニューヨークの下町にあるセント・ドミニク教会は,財政困難により苦境に立たされていることで有名でした。神父オマリー(ビング・クロスビー)は,この教会の老神父フィッツギボン(バリー・フィッツジェラルド)の後任を命じられ赴任してきました。しかし,オマリーは教会へ着く前に失敗を起こし,そのせいでますます教会の評判を悪くしてしまいます。その後,彼は家賃滞納をしている信徒のために保証してあげたり,町に住む素行の悪い少年たちに合唱を教え聖歌隊に育てたりと,数々の親切な行いで次第に人々の信頼を得るようになり・・・・

上映日時

題  名

上映時間等

監督・主な出演等

その他

令和2年2月23 日(日曜日)

14時から16時10分
 
我が道を往く

130分
 モノクロ
日本語吹き替え
1946年アメリカ映画
監督:レオ・マッケリー

出演:ビング・クロスビー,バリー・フィッツジェラルドほか

貸出用教材
教材番号 D-141
 (※都合により、作品等が変更になる場合がありますのでご了承ください。)
 

平成31年度「名作映画会」上映作品一覧について

視聴覚ライブラリーのトップページ

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

視聴覚ライブラリー
電話:086-223-0097 ファクス:086-223-0093
所在地:〒700-0843 岡山市北区二日市町56[地図


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。