このページのトップ



現在位置 :  トップページ > お知らせ >  サルを見かけたら



ここから本文です。

サルを見かけたら

 最近、岡山市北部で野生のサルが出没し被害が増加しています。
 大切に育てた畑の野菜や木になっている果物、家の軒下などに干してあるたまねぎなどを食べたり、屋根に上ったり、小中学生が追いかけられるなどの被害が多発しています。
 サルに遭遇した場合、慌てずに、大きな音をたてるなどして、追い払ってください。決して、食べ物を与えないでください。何もしなければ、サルは人に慣れて好き放題するようになってしまいます。
 また、サルは、目を合わせたり威嚇すると、襲いかかってくることがありますので、十分ご注意いただくとともに、小中学生の登下校時を見守るなどのご協力をお願いします。
 サルの被害を減らすためには、きちんと対策を行うことが重要です。簡単にできる対策もありますし、また、それをみんながやることが非常に大切です。
 みんなで協力して、地域をサルの被害から守りましょう。

おもな防除対策

サルのエサをなくす

 収穫されずに畑に放置されたままの野菜や捨てられた野菜くず、また、実がなったままになっている柿、栗などはサルのエサとなり、サルが人里に下りてくる原因となります。サルが下りてこないよう、これらのエサとなるものをきちんとなくしましょう。
 また、絶対にエサをあげないようにしましょう。
 

サルを追い払う

 サルが出没した場合、石ころや棒切れなどを使って追い払ってください。サルが出没しても追い払わないでいると、サルはそこが安全な場所と認識し、たびたび現れるようになってしまいます。
 ただし、追い払うための道具がない場合やこちらが一人だけしかいない場合など、危険を感じる場合にはむやみに近づかず、サルと目を合わさないようにしながら、静かに速やかに遠ざかりましょう。

あなたも知らない間に餌付けしているかも・・・・・(見ているだけで進むサルの餌付け)

 サルが里に来るようになった原因は、「山の広葉樹林を切り、植林したことでサルの餌が減った。」、「農作業の機械化や兼業農家が増え、田や畑にいつも人がいなくなった。」と言われる人が多いようですが、それだけではなく里の過疎化や高齢化により、未収穫の野菜や果実が増え、里に行けば美味しい餌が食べられることをサルは覚えたからです。

  カボチャ畑や大豆畑などにいるサルを見つければあなたは追い払うでしょう。でも、タンポポを食べていたり、レンゲ畑にいるサルを見つけてあなたは追い払うでしょうか。レンゲ畑でたむろするサルを見てカメラを向ける人もいます。
 あなたも知らない間に人を恐れないサルを生み出し、里へ導いて(餌付けして)いるのです。里でサルを見かけたら、心を鬼にして追い払ってください。「見たら追う。」このことは、里にサルを近づけないだけでなく、サルを山に帰す保護手段と考えてください。

 野生動物がいるということは、それだけすばらしい自然があるということを意味しています。同じ自然界の一員として人間と野生動物との共生を目指して、みんなで知恵と技術を出し合っていくことが今、求められています。


添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

建部支所
電話:086-722-1112 ファクス:086-722-3903
所在地:〒709-3198 岡山市北区建部町福渡489[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。