このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  戸籍・住民票・各種証明 >  郵便請求 >  郵便請求・住民票の請求(外国籍の方を含む世帯)



ここから本文です。

郵便請求・住民票の請求(外国籍の方を含む世帯)

請求するときの注意点

  • 請求できるのは平成24年7月9日からです。
  • 請求できる方は基本的に本人または同じ世帯の方です。代理の方が請求される場合には、委任状及び代理人の方の本人確認ができる書類が必要です。
  • 外国籍の方も住民票コードが記載されます。住民票コードが必要な場合は、請求書に住民票コードが必要であることを書いてください。
  • 平成27年10月5日から、個人番号記載の住民票の写し等の請求が可能となります。請求書に個人番号が必要であることを書いてください。
  • 外国籍の方で、2012年7月9日以降の通称の履歴が必要な場合は、請求書に通称の履歴が必要であることを書いてください。

※ 外国籍の方で、2012年7月9日より前の居住地の履歴や家族事項についての証明が必要な場合は、ご本人様から直接法務省へ請求していただくことになります。

   法務省秘書課個人情報保護係
       所 在:〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
       電 話:03-3580-4111(内線)2034
       受 付:午前9時30分から正午,午後1時から午後5時 土日祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。

   請求方法など詳しくはこちら(法務省のページへリンクしております)

請求書の書き方

請求書を自筆する場合は、以下の項目をお手持ちの便箋などに書いてください。

  1. 何が何通必要か(例:住民票の写しを1通)
  2. 住所(番地まで正確に書いてください)
  3. 世帯主の氏名(フリガナ、外国籍の方の場合は本国名もしくは通称を記入してください)
  4. 世帯の内の一部の方についてのみ必要な場合は、必要な方の氏名(フリガナ、外国籍の方の場合は本国名もしくは通称を書いてください。)
  5. 請求理由及び使用目的(何か参考になる情報がある場合や、住民票コード、個人番号、通称の履歴などが必要な場合はこの項目に書いてください。住民票の住所以外の場所に送付を希望される場合はその理由を明記してください。)
  6. 「世帯主との続柄」、「日本国籍の方の本籍」、「国籍・地域」、「在留資格・期間等」、「在留カード等番号」の記載が必要かどうか(何も記載がない場合は、これらの項目を全て表示したものを交付いたします。)
  7. 請求者の住所、氏名(外国籍の方の場合は本国名を記入してください。通称のみでは請求できません。)、押印
  8. 請求者と住民票に記載された方との続柄
  9. 日中に連絡のつく電話番号(携帯電話等でもかまいません)

請求書は様式集のページにありますので、ご利用ください。

必要なもの

同封するもの

以下のものを同封して、北区市民保険年金課宛に送ってください。

  • 請求書
  • 請求者本人を確認できる現住所が記載されている書類(有効な運転免許証・健康保険証・在留カード・特別永住者証明書など)のコピー
  • 別世帯の方の住民票を請求する場合は、請求の根拠となる資料
  • 手数料分の定額小為替(郵便局でお買い求めください)

※注釈:定額小為替は必ず無記名の状態で同封してください。

  • 返信用の切手と封筒(切手を貼り、あなたの郵便番号・住所・氏名をはっきり書いてください)

※注釈:複数通を同時に請求される場合には、余分の切手をいれてください。

手数料について

住民票の写しの手数料は1通300円です。

送り先

〒700-8544(岡山市役所の専用番号です)
岡山市北区役所 市民保険年金課 証明係

注意

あなたの世帯以外の方の住民票の写しを請求される場合は、正当な理由が必要です。
代理の方が請求される場合は、委任状及び代理の方の本人確認ができるものが必要です。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

北区役所市民保険年金課 郵便請求
電話:086-803-1121 ファクス:086-234-7064
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。