このページのトップ





ここから本文です。

足守メロン

足守メロン

足守メロンについて

足守では、昭和の初期にメロンが本格的に栽培され始めました。メロンの種類はアールスメロン、ハネデューメロンの2種類で、元々はマスカットの間作としてはじめられました。
現在では、アールスメロンが主流で、足守地区はアールスメロンの県内生産量の大部分を占めています。一年を通して温室で栽培されていますが、特に7、10月に多く生産されています。
メロンは、苗を植えてから約3ヶ月で収穫を迎えますが、それまでの水、温度、湿度等の管理が手作業のため高級品となっています。

足守メロンの特徴とおいしい食べ方

足守メロンの写真



足守メロンは、純系アールスメロン特有の強い香りが特徴で、とろけるような甘さが自慢です。
食べごろを迎えたら、食べる直前3~4時間前に冷蔵庫で冷やすとおいしく食べられます。メロンはアフリカや中東アジア原産といわれており、温かいところにおいていれば早く熟します。早くから冷蔵庫に入れていると熟すのが遅れてしまいます。


足守メロンまつり

メロン祭りの写真


近水園、町並み保存地区一帯を会場に、毎年10月の中旬から下旬の日曜日に開催されます。テント村では足守メロンの試食、即売、特産品などの販売、特設ステージでは地元の皆さんによる郷土芸能などが催されます。


メロンQ&A

Q1 足守メロンは、アールスメロンという品種ですが、アールスの意味は?
A1 正式名は、アールスフェーボリットという品種で、イギリスの伯爵(アールス)が愛した(フェーボリット)という意味です。

Q2 アールスメロンは、別名マスクメロンともいわれていますが、その理由は?
A2 メロンの香りが、ムスク「MUSK」、麝香(ジャコウ)に似ており、そこから由来しています。

Q3 メロンの網目はどうやってできるの?
A3 メロンが成長する過程で、果実の表面にひび割れができ、そのひび割れに果汁がしみでてコルク化したものです。なお、ひび割れはまず最初に縦に入って、次に横に入ります。

Q4 メロンの食べごろは?
A4 メロンのおしりの部分が柔らかくなったころが食べごろです。そのころにはメロン独特の香りもしてきます。

Q5 メロンは一度に、何個できるの?
A5 最終的には一つの苗から1個です。成長の過程で3、4個に間引きされ、その中から一番良いものを最終的に残して成長させます。

Q6 メロンのおいしさの決め手は?
A6 産地と品種と外観(大きさ、網目、色など)です。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

北区役所 足守地域センター
電話:086-295-1111 ファクス:086-295-9081
所在地:〒701-1463 岡山市北区足守718[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。