このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  市の方針・計画 >  連携中枢都市圏 >  岡山連携中枢都市圏



ここから本文です。

岡山連携中枢都市圏

岡山市を中心とする8市5町による「岡山連携中枢都市圏」を形成しました。

連携中枢都市圏の目的

 人口減少・少子高齢社会にあっても、地域を活性化し経済を持続可能なものとし、国民が安心して快適な暮らしを営んでいけるようにするためには、地域において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市町村と連携し、コンパクト化とネットワーク化により「経済成長のけん引」、「高次都市機能の集積・強化」及び「生活関連機能サービスの向上」を行うことにより、一定の圏域人口を有し活力ある社会経済を維持するための拠点を形成すること。

つながり、創造する。躍動!岡山都市圏


連携中枢都市圏形成に向けた取り組み

関係市町

岡山市、津山市、玉野市、総社市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、和気町、早島町、久米南町、美咲町、吉備中央町の8市5町

岡山都市圏連携協議会

 人口減少社会の中、住民が安心して住み続けられるよう、各市町が連携し活力と魅力溢れる圏域づくりに取り組むため、関係市町の長を構成員とする「岡山都市圏連携協議会」を設置しました。

連携中枢都市圏ビジョン懇談会

 連携中枢都市圏の中長期的な将来像とその実現に向けての具体的取組を示す「連携中枢都市圏ビジョン」の策定(又は変更)に当たって、本都市圏の取組内容に関連する分野等の関係者から意見をいただく協議・懇談の場として「連携中枢都市圏ビジョン懇談会」を開催します。

連携中枢都市宣言

 平成28年8月9日(火)に、連携中枢都市宣言を行いました。

連携中枢都市宣言
連携中枢都市宣言の様子

連携中枢都市はじめました

岡山連携中枢都市圏形成に係る連携協約

 平成28年10月11日(火)に、「岡山連携中枢都市圏 連携協約締結式」を開催し、本市と7市5町との間で連携協約を締結しました。

連携協約締結式

パブリックコメント

岡山連携中枢都市圏ビジョン ~つながり、創造する。躍動!岡山都市圏~

 岡山連携中枢都市圏の中長期的な将来像と連携協約に基づき推進する具体的取組をまとめた、「岡山連携中枢都市圏ビジョン」を策定しました。(平成29年3月)

これまでの取り組み

新たな広域連携促進事業(国委託事業)

新たな広域連携促進事業(国委託事業)への提案 採択決定(平成27年6月2日)

 総務省は、平成26年12月27日に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略」において取組を進めることとされた「連携中枢都市圏」の形成等の地方公共団体間の新たな広域連携の促進を図ることを目的として、地方公共団体に対して標記事業に係る提案募集を行っておりましたが、このたび、「岡山市」を中心とする8市5町の提案が採択されました。


平成25年度から平成26年度の取り組み

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

政策局政策企画課
電話:086-803-1040 ファクス:086-803-1732
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。