このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  事業を営んでいる方  >  産学官連携 >  「おかやまICT産学官連携セミナー」を開催しました-平成23年8月11日



ここから本文です。

「おかやまICT産学官連携セミナー」を開催しました-平成23年8月11日

ICTを利活用した地域・産業活性化に向け、岡山地域の企業や大学、地方自治体の連携・交流を目的として、平成23年8月11日に、岡山ロイヤルホテルにて「おかやまICT産学官連携セミナー」を開催いたしました。

今回のセミナーは、産学官連携ということで、社団法人システムエンジニアリング岡山、国立大学法人 岡山大学、学校法人加計学園 岡山理科大学、岡山市の4者主催で行いました。

岡山市における産学官連携取組紹介

はじめに、岡山市経済局産業課長より、平成23年3月に策定した「岡山市産業振興ビジョン」の説明やその中での具体的な取り組みとして、「岡山大インキュベータ」への入居者に対する賃料の一部を補助する制度等のご紹介を行いました。また企画局情報企画課長より、平成23年7月に策定した「岡山市情報化推進計画」を紹介し、岡山市における産学官連携の取り組みとして、岡山市産学官連携相談窓口についてご案内しました。

産業課長写真

情報企画課長写真


戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)説明及び中国地方における採択状況紹介

続いて、総務省技術企画調整官の中村守里也様より、戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)をご説明いただきました。
制度の概略、提案のポイント、留意点等を詳しくご紹介いただきました。

また、総務省中国総合通信局の岡崎修二様より、中国地方におけるSCOPEの採択状況をご紹介いただきました。

総務省中村氏写真

中国総合通信局岡崎氏写真


鳥取大学 菅原教授 講演-採択事例紹介その1

SCOPE採択事例紹介では、まず、鳥取大学工学研究科教授の菅原一孔様より、「情報通信技術の利活用により地域の公共交通の利用促進をはかる取り組みについて」と題し、バス用の経路探索システムに関する研究開発の取り組みをご紹介いただきました。
地方都市が過疎化や、高齢化の問題を抱える中、公共交通の利用促進を図るため、実用的なシステムを開発するにあたり、苦労した点等を非常にわかりやすくお話いただきました。

鳥取大学菅原教授写真1

鳥取大学菅原教授写真2

愛媛大学 小林教授 講演-採択事例紹介その2

つづいて、愛媛大学大学院理工学研究科教授の小林真也様より、「産学官連携による情報配信システム開発の取り組み」と題して、地域の企業、自治体と連携した研究開発の取り組みをご紹介いただきました。
TVを活用した情報配信という生活に密着したテーマで、非常にわかりやすくご講演いただきました。また、産学官連携による研究開発、SCOPE提案に対する率直なご意見をいただきました。

愛媛大学小林教授写真1

愛媛大学小林教授写真2

多数のご参加ありがとうございました

今回、初めての開催にもかかわらず、セミナーには、約80名という多数の方にご参加をいただきました。本当にありがとうございました。

セミナー会場写真1

セミナー会場写真2


岡山市産学官連携相談窓口について

この度、岡山市では、産学官連携相談窓口を、下記のとおり設置いたしました。
地域産業の振興・育成のため、産学官の相互連携を推進していきます。
皆様からのご提案・ご相談をお待ちしております。
 

  • 国の研究開発支援制度等のご紹介(国との橋渡し)
  • 産学官連携のご支援 (地域の大学や企業等の橋渡し)
  • 岡山市の実施する事業との連携 (担当各部署との橋渡し)
  • その他、地域社会の発展につながるさまざまな事業

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山市産学官連携相談窓口

産業観光局産業振興・雇用推進課 ものづくり振興係
電話:086-803-1329 ファクス:086-803-1738
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


総務局ICT推進課
電話:086-803-1047 ファクス:086-225-5487
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。