このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  組織・部署案内 >  産業観光局 >  産業政策課 >  健康経営・ワークライフバランス推進事業者表彰制度について



ここから本文です。

健康経営・ワークライフバランス推進事業者表彰制度について

岡山市White+(ホワイトプラス)企業を表彰します。

 岡山市では、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営(注1)」及び従業員一人ひとりの仕事と生活の調和を図る「ワークライフバランス(注2)」の両方を積極的に推進する企業を「White+(ホワイトプラス)」企業として表彰するため、取組を進めている企業を表彰します。
 平成30年度は下記記載の企業を表彰企業として、2月6日(水曜日)に岡山ロイヤルホテル(岡山市北区絵図町2-4)2階光楽の間で表彰式を行います。
 また、表彰まで至らなかったものの選考基準を全て満たす場合は、すぐれた取組を行っている企業として、企業名・取組内容を公表します。

注1:健康経営とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上につながると期待されています。
注2:ワークライフバランスとは、やりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できることです。

健康経営・ワークライフバランス推進事業者表彰制度ロゴマーク

平成30年度に表彰される岡山市White+(ホワイトプラス)企業

 平成30年度に岡山市White+(ホワイトプラス)企業として表彰される企業とその優れた取組を紹介いたします。(50音順)

 ナガオ株式会社
【取組内容】
・健康経営の実践において、受診勧奨及び再診指導勧奨を徹底して実施。また、女性社員の乳がん、子宮がん検診費用を会社負担とし受診勧奨する等、女性特有の健康課題における先駆的な取組を実施。
・長時間労働者への対応を組織的に実践し、非常に高い定時退社率の実績を有する。
・育児・介護休業法を上回る取組を多岐にわたって実施し、ワークライフバランスの充実にも積極的に取り組んでいる。

 ナカシマプロペラ株式会社
【取組内容】
・健康経営の実践において、外部講師による管理職向けメンタルセミナーを実施する等、多岐にわたる積極的な取組を実施。
・育児・介護休業法を上回る取組を多岐にわたって実施するとともに、育児・介護休暇取得が、給与賞与・定期昇給及び退職金の算定に影響がないよう配慮。
・特別休暇制度として、パパ育児休暇、孫育て育児休暇を策定する等、独自の取組を実施。

株式会社両備システムズ
【取組内容】
・健康経営の実践において、各年代の健康課題にあわせたセミナーを実施する等、従業員への健康教育を徹底。
・健康コンサルタント(保健師)を配置し、健診結果に基づいた通院状況の確認等の相談対応を実施し、従業員の健康づくりを促進。
・独自の社内制度により、制度適応を超える従業員についても育児・介護休業等を取得可能とするといった育児・介護休業法を上回る取組を多岐にわたって実施。

平成30年度表彰企業以外のすぐれた取組及びその実施企業名は下記の添付ファイルをご覧ください。

 ・健康経営の実践において、受診勧奨及び再診指導勧奨を徹底して実施。また、女性社員

  の乳がん、子宮がん検診費用を会社負担とし受診勧奨する等、女性特有の健康課題に

  おける先駆的な取組を実施。

 ・長時間労働者への対応を組織的に実践し、非常に高い定時退社率の実績を有する。
 ・育児・介護休業法を上回る取組を多岐にわたって実施し、ワークライフバランスの充実

  にも積極的に取り組んでいる。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

産業観光局 商工観光部 産業政策課 産業政策係
電話:086-803-1342 ファクス:086-803-1742
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。