このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  事業を営んでいる方  >  農林水産業 >  岡山市農村環境計画



ここから本文です。

岡山市農村環境計画

 農業・農村は、食料を生産する場であると共に、国土の保全や洪水防止など多面的機能を有しているが、農業の近代化や農村の都市化により、かつての原風景が失われ、身近に見られた生き物も次第に減少している。

 このため、公共事業のあり方や良好な環境に対する国民の関心が高まってきたことから、食料・農業・農村基本法(平成11年法律第106号)において、農業生産基盤の整備に当たっては、「環境との調和に配慮しつつ」必要な施策を講ずることとされた。このことを受け、土地改良法(昭和24年法律第195号)においても、事業実施の原則に「環境との調和に配慮すること」を位置づける改正がなされ、平成14年4月1日に施行された。

 本市においても農業農村整備事業の実施に当たって、自然と共生する田園環境の創造に貢献するないように転換し、環境との調和に配慮するため、農村地域ごとの特性を踏まえて、将来の地域のあり方を明確にした基本方針である「田園環境マスタープラン」を平成13年度に策定した。

 平成17年に御津町及び灘崎町、平成19年に建部町及び瀬戸町との合併が行われ、合併後の本市に即した基本方針を策定する必要があったことから、このたび「田園環境マスタープラン」の内容を盛り込んだ「岡山市農村環境計画」を策定した。

岡山市農村環境計画の概要

岡山市農村環境計画を策定するに当たり、住民意向を反映させるためアンケート調査をおこない、その集計結果を参考に現状の課題等を整理しました。その後、環境保全目標(キャッチフレーズ)・区別の基本方針を定めてから全体整備構想の検討をおこない、農業農村整備事業の実施にあたっての方針となる環境創造区域及び環境配慮区域のゾーニングをおこないました。

現状における課題の整理

アンケート調査等による課題を自然環境、社会環境、生産環境、住民意向に分類し整理をおこないました。

 

項目 課題
自然環境 動植物
  • 貴重な自然から身近な自然まで多様であるため、整備にあたっては開発・保全のバランスが必要である。
  • 水路や河川に流入する水質の維持・保全・改善が必要である。
  • 自然環境への配慮に関心が高まりつつあるが、ゴミ投棄などマナーの啓発、希少種や外来生物に対する知識については一層の普及が必要である。
景観
  • 特徴的な景観に加え、身近で親しみやすい河川や田園、里山などの景観にも配慮が必要である。
社会環境 地域指標
  • 高齢化や過疎地域においては、集落維持・農地維持の面からも、魅力ある農村づくりが必要である。
  • 後継者を確保するために、魅力ある農業づくりが必要である。
  • グリーン・ツーリズムや特産品の開発、地域の食の活用など、観光と連携した新たな展望が望まれる。
土地利用
  • 地域の実情に合わせた計画的な土地利用が必要である。
  • 基盤整備においては、営農性の向上と自然環境への配慮のバランスが必要である。
歴史・文化
  • おかやまの歴史・文化や風土を活かした農村づくりが必要である。
  • 歴史的建造物などとの景観調和を図ることが必要である。
生産環境
  • ハード整備による生活環境の整備や営農性向上に加え、農家数の減少や後継者不足に対応するソフト対策も必要である。
住民意向
  • 住民の意向を反映した計画づくりが必要である。
  • 自然環境への配慮に加え、景観面、維持管理面、安全面、快適性、機能性への配慮も必要である。
  • 誰もが参加しやすい農村地域づくり活動の展開が必要である。

環境保全の基本的な考え方

市の現状と課題を3つの観点で整理し、農業農村整備における環境保全の基本的な考え方を以下のとおり設定しました。

自然環境への配慮

  • 次世代に継承すべき魅力ある豊かな自然環境に配慮することを前提とし、保全と開発のバランスを図りながら、良好な自然環境を確保するとともに、身近で親しみやすい風景の保全を図っていく。
  • 川でつながる山・里・まち・海の連続性を生かしながら、身近な生態系の保全を図るとともに、希少な動植物については特に保全対策を講じていく。
  • 自然と親しめる、ゆとりある憩いの場となる水と緑の豊かな空間の整備や充実を図っていく。


農業・農村環境への配慮

  • 集落排水施設の整備や省資源化、リサイクルなど、環境への負荷を軽減した循環型社会の実現を図り、低炭素社会づくりに貢献し地球温暖化対策に寄与する。
  • 中山間地域と市街地周辺などにおける地域特性を踏まえたうえで、地域の環境と調和のとれた安全で快適な農業生産・農村生活の構築を図っていく。
  • 農村地域の自然環境の保全と開発のバランスを図りながら、生産性向上を可能にする農業生産基盤の整備を図るとともに、安全・安心な食の提供や食料自給率の向上、地産地消の推進等のソフト対策を講じていく。

地域を育む体制づくり
 

  • 地域は住民が守り育んでいくことを認識したうえで、地域住民・事業者・行政が一体となって、身近な環境の美化や地域の清掃などの環境保全活動に取り組むとともに、マナー向上や自然保全への啓蒙に取り組んでいく。
  • 農村に活気をもたらす都市との交流を推進していくとともに、農業後継者の確保を図っていく。

環境保全目標・基本方針

市において行われる農業農村整備事業における環境保全目標(キャッチフレーズ)及び、区別の基本方針を設定しました。

環境保全目標(キャッチフレーズ)

「晴れの国」で育む水・土・里の恵み

多様な自然を生かした、地域で支える農村環境づくり

  • 地域の自然の保全とバランスの取れた農業農村整備事業の展開
     貴重な動植物や身近な生態系の保全に努めるとともに、自然環境を含めた広い視野を持って計画的土地利用を図り、自然と共生した環境づくりに配慮する。
  • 快適で潤いある農業・農村環境の創出
     地域独自の自然、歴史、文化、景観等を良好な状態で保全し、住民の意向を反映した資源の活用を図るとともに、地域特性を生かし、住民が身近な自然に触れられる健康で快適な潤いある環境を創出する。
     また、高生産農業を可能とする基盤整備事業の推進を図るとともに、環境保全型農業の推進を図る。
  • 地域住民の参加する農村づくり
     地域住民の参加する地域の保全活動や都市部と周辺農村部の交流活動の推進により、身近な自然環境・景観・希少生物の生息などの環境保全意識の向上を図るとともに、後継者確保につながる農村づくりを推進する。

区別の基本方針

北区1
(御津・建部)
周囲に広がる豊かな自然や景観を保全・創出しながら、営農性と地域の快適性の向上を図る。
北区2 市街地部と農山村部とのつながりを意識した自然の保全と創出を図りながら、地域の快適性の向上を図る。
中区 市街地部に残る貴重な自然を保全し、ゆとりと潤いある生活空間を確保する。
東区 里山の自然や歴史景観の保全・宗主を図りながら、自然とのふれあい空間の創出を図る。
南区 広大な干拓地景観の保全を図りながら、児島湖をはじめとした良好な水環境の創出を図る。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

産業観光局農村整備課
電話:086-803-1348 ファクス:086-227-7039
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。