このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  相談窓口 >  仕事・職場・労務 >  岡山市就農サポートセンター



ここから本文です。

岡山市就農サポートセンター

岡山市就農サポートセンターでは、専門の相談員(総合コーディネーター)が岡山市内で就農を考えている人に対し、農地や住居の情報提供、農業体験・研修の紹介、行政手続きなど各種相談に応じています。
岡山市で農業がしてみたいと思ったら、岡山市就農サポートセンターへお問い合わせください。 

  

 

相談窓口

総合コーディネーター 片山栄太郎
私に何でもご相談ください!

 岡山市就農サポートセンターには専門の相談員(総合コーディネーター)が常駐しております。
新規就農に関心をお持ちの方や、就農後の経営について相談を受けたい方はご遠慮なくお越しください。
 なお、外出や休暇中の場合もありますので、お越しの際は事前にお電話にてご連絡ください。

業務時間 午前8:30~午後5:00(相談員常駐は月~木曜日)
場   所 岡山市北区大供一丁目1-1
岡山市役所本庁舎5階 農林水産課内
電話/ファクス 086-803-1347/086-803-1739
相談員 総合コーディネーター 片山栄太郎


就農相談会

就農相談会の様子
就農相談会の様子



 岡山市就農サポートセンターは、岡山県主催の就農相談会や、東京や大阪で開催される全国就農相談会にも出展しています。
 岡山市内で就農を希望する県外在住の方でも気軽にご相談いただけます。
 
 出展予定の相談会は以下のとおりです。

行事名 開催日時 相談会会場 
新・農業人フェア2013
平成26年 3月 1日(土) 大阪会館
(大阪市中央区本町4-1-52)


新規就農希望者への支援

 農業経営を行うためには栽培技術を習得することが重要で、少なくとも作物の“種まきから収穫まで”の1サイクル以上栽培してみることが必要です。
 また、農村社会は都会と違い、生活面で不便さを感じることもありますし、自分に直接関係のない様々な行事や、共同作業に積極的に参加するなど、地域にとけ込むことが必要となります。
 就農する前に農村の環境や風土に触れ、地域の一員として活動していけるのかどうか、実際に体験してみることも必要です。
 岡山県や岡山市では、新規就農を希望する方のために各種研修制度を設けています。研修を希望される方は、岡山市就農サポートセンターにご相談ください。

農業体験・実務研修

 岡山県や岡山市、農業関係団体等が共同で実施する研修制度。55歳未満の方で、原則、県内に就農しようとする農家出身でない方が対象です
 1ヶ月間農家等で滞在する「農業体験研修」と2年以内の実践的な研修を行う「農業実務研修」がセットになっています。なお、実務研修期間中は、研修費として年間150万円が支給されます。


 
 

新規就農希望者体験研修

 岡山市の研修制度。果樹や野菜等、岡山市内の主要作物生産農家で年間10日程度の体験研修を行います。 
 岡山市内で就農を希望しており、会社勤務や遠隔地居住、就農への不安を抱いている等の理由で岡山市内での長期・継続的な研修受講が困難な方が対象です。 ご自分のスケジュールに合わせ、短期間の農業体験研修が受講でき、更なる就農意欲のアップあるいは就農に対する不安を解消することで、今後の実践的研修受講へのはずみとなる研修です。 希望する就農地域や作物に応じて、研修受入農家をご紹介いたします。受講希望の方は岡山市就農サポートセンターまでお問い合わせください。

農業サポーター育成制度

 平成21年度から始まった制度で、岡山市内にお住いの方が対象。家庭菜園や新規就農等に関心のある方が、農家等で体験研修を行った後、農業サポーターとなって労働力を必要とする農家において農作業等の支援を行う制度です。
 農業体験研修やサポート活動によって、農業の基礎知識や栽培技術の習得、農家の生活環境等を学ぶことができ、就農意欲向上や今後の実践的研修受講へのはずみとなる制度です。
 今年度も募集を予定しています。

 農業サポーター育成事業のページへ

 

就農サポートガイドブック

 岡山市就農サポートセンターが作成した「でぇれぇうめぇもんこせぇてみられぇ」でお馴染みの「就農サポートガイドブック」です。
窓口や相談会会場で配布しています。
 岡山市の農業のこと、就農への道しるべ等、農業を始める上で必要な事を簡単に解説しています。


就農サポートガイドブック
就農サポートガイドブック


新規就農者への支援

栽培や経営に係る技術の習得や農地・機械等を取得し、将来にわたり農業経営者となることに強い意欲をお持ちの就農者には次のような支援を行っています。

青年就農給付金(経営開始型)

青年の就農意欲の喚起と就農後の経営安定を図るため、新規就農者に農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年最大150万円を給付する国の制度です。

青年就農給付金(経営開始型)のページへ

就業奨励金の交付

将来の地域農業を発展させる中核的担い手になってもらうよう、市内で新たに就農された方を対象に、岡山市長が就業奨励金を交付し激励しています。

就業奨励金のページへ

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

経済局農林水産課 ファクス就農サポートセンター
電話:086-803-1347 ファクス:086-803-1739
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。