このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  事業を営んでいる方  >  農林水産業 >  地産地消 >  桃太郎さんの地産地消どんぶり王選手権 優秀作のレシピを公開します



ここから本文です。

桃太郎さんの地産地消どんぶり王選手権 優秀作のレシピを公開します

平成29年11月に実施した「桃太郎さんの地産地消どんぶり王選手権」で選ばれた優秀作3品のレシピをご紹介します。
皆さんのご家庭でも手軽に作れるものばかりですので、ぜひ挑戦してみてください。

この選手権は昨年11月19日(日)に開催した「おかやま秋の収穫祭 地産地消マルシェ2017」内の企画として実施したものです。全16品の応募作の中から、事前の試食審査で優秀作3品を選定。この3品は、地産地消マルシェ会場にて販売し、購入者による審査にて最優秀作品を決定しました。

最優秀作

▼メニュー名  岡山五感丼
▼考案者    中村 啓貴さん
▼概  要   素揚げした千両なすや舞茸、大根や蓮根を、ごはんにトッピングし、地鶏のうま味あふれる「あん」をトロリとかけた中華丼。岡山の恵みを表現したこの丼、味はもちろん、香りや食感などを、五感で味わっていただけます。

岡山五感丼

▼材料

千両なす 1本
舞茸 100g
連島れんこん 1/2節
岡山桃太郎地鶏 100g
ひるぜん大根 1本
大葉 2枚
小ねぎ 適量
県産ニンニク 適量
しょうが 適量
鶏がらスープの素 大さじ1
片栗粉 大さじ1
ごま油 適量
ラー油 適量
適量

◆作り方
 (1)ごま油・ニンニク・しょうがで挽肉を炒める。
 (2)塩・水・鶏ガラスープの素を入れる。
 (3)大根おろし、小ねぎ、片栗粉を入れ、餡が完成。
 (4)なす、舞茸、れんこん、大根を素揚げにする。
 (5)素揚げした具材をご飯に盛り付け、餡をかける。
 (6)中心に大葉を敷き、大根おろしをのせる。
 (7)ラー油を数滴たらし完成。

※平成30年1月24日(水曜日)から26日(金曜日)までの3日間、
市役所地下食堂で提供する同メニューについては、
仕入れの関係で、上記記載のものとは一部異なる素材を使用しています。
 

優秀作 その1

▼メニュー名  お箸がドンドンすすむ!さわらのピリ辛丼
▼考案者    北村 智子さん
▼概  要   香ばしいサワラの揚げ焼きと、ピーマン、しいたけの食感、ピリ辛のタレが黄ニラの入ったごはんとよく合う絶品どんぶりです。津山のジャンボピーマン、美作のしいたけがあればもっと岡山らしいです。

お箸がドンドンすすむ!さわらのピリ辛丼

▼材料

1.5合
さわら 2切れ
黄ニラ 半束
ピーマン 大1個
しいたけ 大1個
少々
こしょう 適量
片栗粉 少々
ごま油 大さじ1
サラダ油 適量
糸とうがらし 適量
温泉たまご(お好みで) 2個
A にんにく みじん切り 小1片
A しょうが 小1片
A 酒 大さじ2
A 砂糖 大さじ1
A みりん 大さじ2
A しょうゆ 大さじ1.5
A みそ 大さじ1/2
A 豆板醤 小さじ1

◆作り方
 (1) ごはんを炊く
 (2) 黄ニラはさっとゆでて1~2cmの長さに切り、(1)のごはんに混ぜておく
 (3) ひとくち大に切ったサワラに塩、こしょうを振り、片栗粉をつけて 少量の油で揚げ焼きにしておく。
 (4) ピーマン、しいたけを一口大に切りごま油で炒めておく。
 (5) A(たれ類)をフライパンに入れて火をつけ、煮立ったら(3)、(4)を入れて、炒め合わせる。
 (6) (2)の黄ニラ混ぜご飯に(5)をかけて盛り付け、糸とうがらしをのせる。
 (7) お好みで温泉卵をのせる。。


優秀作 その2

▼メニュー名  岡山の秋が詰まったどん!
▼考案者    五賀 洋佳さん
▼概  要   ほとんどの工程を電子レンジで調理できるので簡単で時間もかからずに作れます。ホウレンソウをたっぷり使用するので栄養バランスもばっちりで、油の使用量も少なくヘルシーです。甘いさつまいもにしょうが風味の甘辛いタレが絡みご飯が進みます。レンジを使用するので豚肉もやわらかくなり、子どもでも食べやすくおすすめです。

岡山の秋が詰まったどん!

▼材料

ピーチポーク 250g
さつまいも 小1本
しょうが(すりおろし) 少々
塩・こしょう 少々
片栗粉 適量
*砂糖 大さじ1
*みりん 大さじ1
*酒 大さじ1
*しょうゆ 大さじ1
*オイスターソース  小さじ1
れんこん(飾り用)  1cm
プチトマト  適量
ほうれんそう 1束

◆作り方
 (1) ほうれんそうはゆでておくか電子レンジを使用し、水にさらして切っておく。さつまいもは細切りにし、水にさらした後、水分を取っておく。
 (2) ピーチポークに塩、こしょう、片栗粉を振り、さつまいもを適量に巻いておく。表面に片栗粉をつける。
 (3) 蓋つきの耐熱容器に入れ600Wで5分加熱。調味料、しょうがを 合わせて豚肉に振り掛け、さらに30秒ほど加熱する。
 (4) れんこんは素揚げする。
 (5) 丼にごはんを盛り、ほうれんそう、豚、ソースをかけ、れんこん、トマトをトッピングして完成。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

産業観光局農林水産課 地域農業企画・振興室
電話:086-803-1346 ファクス:086-803-1739
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。