このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  ペット・動物 >  高病原性鳥インフルエンザ(鳥インフルエンザ)に関する情報 >  ペットとして鳥類を飼育されている皆様へ(岡山市)



ここから本文です。

ペットとして鳥類を飼育されている皆様へ(岡山市)

ペットとして鳥類を飼育されている皆様へ

 平成16年2月に大分県でペットとして飼われていたチャボが鳥インフルエンザに感染しましたが、ご家庭で飼育されている鳥が直ちに危険になるということはありません。ペットとして鳥類を飼育されている皆様には、次のことに注意し、これまでどおりに愛情を持って接してあげてください。

1 鳥舎内への野鳥の侵入を防止しましょう。

  • ウイルスは野鳥が運ぶとも言われていますので、鳥舎開口部へ防鳥ネット、金網等を設置してください。
  • 鳥のえさを入れた入れ物等を野外に放置しないでください。

2 飼育小屋をきれいにしましょう。

  • こまめに飼育小屋を清掃・消毒をしてください。
  • 飼育小屋の出入りには、靴の裏を消毒してください。

インフルエンザウイルスは、一般的な消毒薬(逆性せっけん・塩素系など)で容易に死滅します。

3 飼育鳥の健康観察を行いましょう。

死亡が増えるなどの異常を発見した場合は、速やかに下記に連絡してください。

連絡先

保健所衛生課 : 086-803-1259(直通)

市役所が閉庁の場合は (代表)086-803-1000へ電話ください。宿日直者より担当に連絡いたします。

4 飼育鳥の世話をした後は、手洗い、うがいを確実に行いましょう。

5 飼育鳥は終生、面倒を見ましょう。

  • 国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、愛玩鳥を捨てることなく、 引き続き動物愛護の精神で飼育してください。

6 出来れば、飼育鳥のことを相談できるかかりつけの獣医さんを見つけておきましょう。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

産業観光局農林水産課 生産流通係
電話:086-803-1344 ファクス:086-803-1739
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。