このページのトップ





ここから本文です。

鳥インフルエンザ関連(岡山市)

鳥インフルエンザ関連情報

高病原性鳥インフルエンザとは

 鳥類のインフルエンザは「鳥インフルエンザ」と呼ばれ、このうち特に強い病原性を示すものを「高病原性鳥インフルエンザ」と呼びます。鳥から鳥へ直接、又は水、排泄物等を介して感染します。

症状

 鳥の種類によって症状は異なりますが、鶏、七面鳥、うずらなどが感染すると、突然死、顔面・トサカなどの腫れとチアノーゼ(紫色になる)、脚部皮下の出血、神経症状(首曲がり、元気消失等)、呼吸器症状、消化器症状(下痢、食欲減退等)等が現れ、大量に死亡することがあります。

1 ペットとして鳥類を飼育されている皆様へ

2死んでいる野鳥を見つけた際の取扱いについて

3 これまでに多く寄せられている質問

4 『国民の皆様へ(鳥インフルエンザについて)』[内閣府食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省及び環境省](3月9日発表)

 内容

  1. 鶏肉、卵の安全性について
  2. 鳥インフルエンザウイルスの人への感染について
  3. 飼っている鳥、野鳥が死んでいるのを見つけた場合等について

なお、鶏肉や鶏卵を食べることによって、鳥インフルエンザウイルスがヒトに感染した例は、世界的に報告ありません。

お問い合わせ

  • 農林水産課
    電話:086-803-1344(直通)  
        086-803-1345(直通)
  • 保健所衛生課
    電話:086-803-1259(直通)
  • 保健所保健課
    電話:086-803-1262(直通)
  • 北区農林水産振興課
    電話:086-803-1661(直通)
  • 中区農林水産振興課
    電話:086-901-1622(直通)
  • 東区農林水産振興課
    電話:086-944-5039(直通)
  • 南区農林水産振興課
    電話:086-902-3520(直通)

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

産業観光局農林水産課 生産流通係
電話:086-803-1344 ファクス:086-803-1739
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


産業観光局農林水産課 水産林政係
電話:086-803-1345 ファクス:086-803-1739
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。