このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  ごみ・リサイクル >  産業廃棄物に関すること >  PCB使用安定器の掘り起こし調査について



ここから本文です。

PCB使用安定器の掘り起こし調査について

 昭和52年(1977年)3月までに建築・改修された建物の照明器具の安定器にはPCBが含まれるものがあります。(※一般家庭用の照明器具には使用されたものはありません。)
 PCBが使用された安定器については、処分期間(令和3年3月31日)までに処分することが義務付けられています。なお、処分期間終了後には罰則が適用される可能性があります。
 令和元年10月21日より、経済センサス及びNTTタウンページデータをもとに、各事業所ヘ調査票を発送しております。調査票の発送については、本市の委託事業として株式会社ゼンリンより発送しております。
 事業所に設置されている照明器具を確認いただき、調査票への回答をお願いします。

以下のリンク先では確認方法について動画で説明しています。
(本動画については産業廃棄物処理振興財団が環境省の委託を受け、作成したものです。)

掘り起こし調査への依頼文について

 調査票に同封しました依頼文中に誤りがありましたので、お詫びして訂正させていただきます。

本文中の7行目
誤:令和元年(2021年)3月31日までに処分
正:令和3年(2021年)3月31日までに処分

PCB使用安定器の処分期限は令和3年3月31日です。
掘り起こし調査へのご理解、ご協力をお願いいたします。

調査の送付物について

判別方法について

 PCBを含有する照明器具については、安定器(または、照明器具)に貼付された銘板に記載されたメーカー・型式・製造年月・種別・力率の情報を確認することにより判別することができます。詳細については、各メーカーへ問い合わせください。

PCB含有安定器が発見された場合

(1)届出について

 調査の結果、PCB使用安定器が発見された場合は、処分期間(令和3年3月31日)までに処分を行う必要があります。また、処分が完了した次年度までPCB特別措置法による届出が必要となります。

(2)処分について

 高濃度PCB廃棄物については、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)での処分 が必要となります。中小企業者や個人については処分費用の軽減措置があります。詳細についてはJESCOまでお問い合わせください。

(3)保管について

 PCB廃棄物は処分されるまでの間、紛失や漏洩がないよう、ペール缶やドラム缶等の密閉容器に入れるなど、特別管理産業廃棄物として保管基準にしたがった保管が必要となります。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局 環境部 産業廃棄物対策課
電話:086-803-1303
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。