このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  ごみ・リサイクル >  産業廃棄物に関すること >  G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットに協力します



ここから本文です。

G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットに協力します

 平成28年5月26日、27日に三重県において開催されるG7伊勢志摩サミットにおける、各国首脳等参加者の会場までの移動及び宿泊、サミットの会場運営等において排出される地球温暖化ガス(二酸化炭素)のカーボン・オフセットのため、本市がバイオディーゼル燃料化事業によって獲得したJ-クレジット(二酸化炭素排出権)を提供します。

バイオディーゼル燃料、クレジットとは

 本市では、各家庭で不要になった使用済み天ぷら油を回収し、バイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルし、ごみ収集車等において軽油の代替燃料として使用する事業を行っています。
 BDFは、天ぷら油が大豆等の植物に由来するため、軽油等の化石燃料と異なり、燃焼使用時の二酸化炭素発生量が見かけ上ゼロとカウントされます。そのため、本市がごみ収集車等にBDFを軽油代替燃料として使用することにより、軽油使用時と比較し二酸化炭素排出量を削減しています。この二酸化炭素の排出削減量を数値化したものを、クレジット(排出権)として保有しています。(J-クレジット)

伊勢志摩サミットのカーボンオフセットに協力します

 今回の伊勢志摩サミットはCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)後初めて開催されるG7サミットであり、本サミットにおいて、カーボン・オフセットを実現することで、日本国の気候変動対策への姿勢を国際的に示すとともに、国内の地球温暖化対策に対する理解と協力への機運の情勢を図ることとされています。
 岡山市は、経済産業省・環境省・農林水産省の提唱に賛同し、保有するJ-クレジットを提供することで、G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットに協力します。

伊勢志摩サミットロゴマーク


 伊勢志摩サミットのカーボン・オフセット状況等については、下記を参照してください。

このページに関するお問い合わせ

環境局 環境部 産業廃棄物対策課
電話:086-803-1303
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。