このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  ごみ・リサイクル >  産業廃棄物に関すること >  PCB廃棄物の保管及び処理について



ここから本文です。

PCB廃棄物の保管及び処理について

 ポリ塩化ビフェニル(以下PCBという。)は、化学的に安定、絶縁性が高い、不燃性であるといった特性をもっており、トランス、コンデンサ等の絶縁油や感圧複写紙など幅広い用途に使われていました。しかし、昭和43年に発生したカネミ油症事件からPCBによる生体への影響や環境汚染が大きな社会問題となり、昭和47年に製造が中止され、現在は製造だけでなく輸入・使用についても原則禁止とされています。
 また、平成13年にはPCBの適切な保管及び処理を目的とした「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(以下法という。)が制定されました。
 この法律に基づいて、PCB廃棄物及びPCBの使用機器を保有する事業者は、平成39年3月までに適正な処理を行うこととされておりますが、高濃度PCB廃棄物については、処分先である中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州PCB処理事業所の計画的処理完了期限が、高圧トランス・コンデンサ等については平成31年3月31日まで、安定器等・汚染物については、平成34年3月31日までと設定されているため、それまでに処理を完了する必要があります。
 なお、現在使用中のPCBの使用機器についても、将来PCB廃棄物となるため、同じ期限内に処理することが求められています。

PCB廃棄物の保管状況の届出

 PCB廃棄物を保管している事業者は、法第8条の規定により毎年6月30日までに前年度の保管状況を岡山市長に届出しなければなりません。

PCB廃棄物保管事業場の変更

 PCB廃棄物の保管事業場が変更になった場合には、法施行規則第6条の規定により変更後10日以内に届出をしなければなりません。

保管について

PCB廃棄物は、廃棄物処理法上の特別管理産業廃棄物に該当し、同法に定められている「特別管理産業廃棄物保管基準」にしたがって保管する必要があります。また、保管にあたっては、特別管理産業廃棄物管理責任者を置かなければなりません。

廃電機器の判別及び処分について

下記のフロー図を参照して判別してください。

高濃度PCB廃棄物の処分について
 中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)
 連絡先 093-522-8588

低濃度PCB廃棄物の処分について
 廃棄物処理法に基づく無害化処理認定施設

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境局産業廃棄物対策課
電話:086-803-1303
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。