このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き > 環境 > ごみ・リサイクル


ここから本文です。

ごみ・リサイクル(目次)

“ごみの分別の徹底や減量化の推進にご理解とご協力をお願いします”

 岡山市では、様々なごみ処理施策の展開を進めていますが、今後も更なるごみの減量化・資源化を進め、「環境に配慮した持続可能な資源循環型社会の構築」を目指すため、平成29年3月に、目標年度を平成37年度とした、一般廃棄物(ごみ)処理基本計画の改訂を行いました。
 一般廃棄物(ごみ)処理基本計画では、市民・事業者・行政が一体となった4Rの活動を活発化することで、一層の減量化・資源化を進め、より環境に配慮した持続可能な資源循環型社会の構築を目指すことを基本理念としており、市民1人1日当たりのごみ排出量を平成37年度754g、また資源化率を平成37年度約31.1%とする目標を掲げております。
 詳細は「各種計画・調査・報告」ページをご覧ください。

4Rとは、「リデュース(Reduce:廃棄物の発生抑制)」、「リユース(Reuse:部品等の再使用)」、「リサイクル(Recycle:使用済み製品唐の原材料としての再生利用)」の頭文字(R)を同じくする3つの環境政策手法の総称である3Rのうち、岡山市では、リデュース(発生抑制)を「リフューズ(Refuse:発生抑制)」と「リデュース(Reduce:排出抑制)」と明確に区分し、上記3Rに「リフューズ」のRを加えたものとしています。




より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?



ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。