このページのトップ





ここから本文です。

小型家電の出し方

 平成27年1月5日から,小型家電は資源化物として無料回収します。
小型家電には、金やレアメタルなど貴重な資源が含まれています。ご家庭に眠って
いる携帯電話やデジタルカメラなどの再資源化にご協力をお願いします。

小型家電リサイクル事業の実施について (PDF 72KB)
小型家電リサイクルQ&A (PDF 80KB)

目的

●小型家電に含まれている貴重な資源を大切に使い、私たちの環境を守るためです。
 
 具体的には
 ・埋もれた資源の回収による有効活用(レアメタル、貴金属など)
 ・有害物質の適正処理による環境汚染防止(鉛、カドミウムなど)
 ・廃棄物の減量による最終処分場の延命化

 ●小型家電処理の現状
 
 小型家電には、鉄、アルミ、金、銀、銅、レアメタルといった有用な金属が含まれています。
一方で、鉛、カドミウムなどの有害な物質を含むものもあるため、適正な処理が必要です。
 しかし、現在は、鉄などの一部の金属を除いて、その大半が、最終処分場で埋立処分されています。
 また、違法な廃棄物回収業者を通じて、国内外で不適正な処理が行われているものもあります。

出す日・時間・場所

・協力店舗(電器店,ホームセンター等)で,営業日の営業時間内に回収します。
・資源回収所で,開所日の開所時間内に回収します。
・市有施設(区役所,市役所分庁舎内)で,開館日の開館時間内に回収します。

〈注意〉 資源化物ステーションでは収集しませんので,ご注意ください。

 詳細は以下リンクをご覧ください。

  小型家電リサイクル協力店 (平成28年4月1日現在)
  資源回収所
  ボックス設置施設

小型家電リサイクル協力店
       小型家電リサイクル協力店シール

小型家電回収ボックス
小型家電回収ボックス

出してよい小型家電

出してよい小型家電


・岡山市内の家庭から出る小型家電が対象となります。事業所から出るものは、対象外です。
・資源回収所では、店頭回収と同じものを回収します。
・テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコンなどの家電4品目は、これまでどおり、家電リサイクル法による処理が必要です。
・18リットル缶以上の家電製品は、これまでどおり、粗大ごみとして処理をしてください。
・回収対象は、家電製品本体です。ケースや梱包用の箱、乾電池、バッテリーなどは、各家庭での処理をお願いします。なお、付属のコードや充電器などは、回収の対象となります。


出す際に注意すること

・粗大ごみの中からも、リサイクルプラザで、小型家電のピックアップ回収を行いますので、粗大ごみとなるものは、市の粗大ごみ収集制度をご活用ください。
・不用品回収業者等への回収依頼は、トラブルや違法行為となるおそれがありますので、市の回収制度をご利用ください。
・店舗への持ち込みでは、窓口やサービスカウンターなどで、直接、店員にお渡しください。定休日など不在の時に、店先等に置いて帰らないでください。
・ボックスへの持ち込みでは、必ず、ボックスの中に入れてください。入らないものは、お持ち帰りのうえ、店頭回収などをご利用ください。
・回収した小型家電は、返却できません。
・個人情報は、必ず、消去してから出してください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境事業課 業務第2係
電話:086-803-1298
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号(分庁舎6階)[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。