このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  環境・ごみ・リサイクル >  その他 >  野焼は、どこまで行なってもよいのか?



ここから本文です。

野焼は、どこまで行なってもよいのか?

質問

野焼は、どこまで行なってもよいのか?

回答

 廃棄物の野焼きは原則として禁止されています。
ただし、農林漁業(田に隣接する河川堤防等の下刈草、果樹園の剪定枝等、稲わら、もみ殻等の焼却行為)
風俗慣習上又は、宗教上の行事(とんと焼き、門松・しめ縄等の焼却)日常行なわれるもので軽微なもの
(たき火、キャンプファイヤー等の木くず等の焼却)は、一部例外が認められているものもありますが、
この場合でも、生活環境上支障を与え、苦情等のある場合は、改善指示や各種の行政指導の対象となります。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境事業課
電話:086-803-1297
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号(分庁舎6階)[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。