このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  環境・ごみ・リサイクル >  分別・出し方 >  あき缶・ガラスびん・ペットボトルや新聞紙・雑誌・段ボールなどの資源化物は、どのように出せばいいですか。



ここから本文です。

あき缶・ガラスびん・ペットボトルや新聞紙・雑誌・段ボールなどの資源化物は、どのように出せばいいですか。

質問

あき缶・ガラスびん・ペットボトルや新聞紙・雑誌・段ボールなどの資源化物は、どのように出せばいいですか。

回答

 あき缶・ガラスびん・ペットボトルは決められた日の朝8時(一部地域では朝7時30分)までに
資源化物ステーションへ出してください。
 中を簡単に水で洗って、ふた・キャップ(プラスチックのもは可燃、金属のものは不燃)をはずし、
それぞれ種類ごとにコンテナに入れてください。(ペットボトルは透明・半透明の袋に入れてください。)
 新聞紙、雑誌、段ボールや紙パック(牛乳パック類)は、決められた日の朝8時(一部地域では朝7時30分)
までに資源化物ステーションへ出してください。
  種類ごとにひもでしばってください。

※一部地域
 津高地域センター地区
 高松地域センター地区 (吉備津地区全域を除く)
 吉備地域センター地区 (陵南学区 花尻・白石・白石西を除く)
 福田地域センター地区

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境事業課
電話:086-803-1297
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号(分庁舎6階)[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。