このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  ごみ・リサイクル >  家庭ごみに関すること >  ごみの出し方 >  家電4品目の出し方



ここから本文です。

家電4品目の出し方

家電4品目は「家電リサイクル法」に従って処理しましょう。 

 クリックしていただくと、経済産業省の家電4品目の「正しい処分」早わかり!のページへ移動します。

家電リサイクル法とは?

 家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、法律で指定されている家電製品の4品目をリサイクルして廃棄物を減らし、資源の有効利用を推進するための法律です。

対象となる家電製品

 テレビ、電気冷蔵庫及び電気冷凍庫、電気洗濯機及び衣類乾燥機、ルームエアコンの4品目です。

対象となる家電製品

家電4品目の処理方法

一般的な方法

対象4品目を処理する場合は、「購入した小売業者」「買い替えで同種の商品を購入する小売業者」のどちらかに引き取りを依頼します。

リサイクル料金の一例

リサイクル料金は品目により異なる

  • リサイクル料金・収集手数料は粗大ごみ処理券で代用することはできません

買い替えの予定がなく、購入した店が分からない場合

この場合は、ご自分で指定取引場所に持ち込むことになります。

  • 家電リサイクル券を購入後、下記の「指定取引場所」へご相談ください。
  • 会社名 住所 電話番号
    平林金属株式会社 北区下中野406-1 086-241-6943
    センコー株式会社 東区上道北方121 086-279-7311

    ご自分で民間業者へ持ち込むことができない場合は、例外として市が収集いたします。

    リサイクル料金の一例

    リサイクル料金は品目により異なる2

    • 家電リサイクル券を購入後、粗大ごみ戸別収集の流れに沿って電話申込をしてください。
    • リサイクル料金は、粗大ごみ処理券で代用することはできません
    • 家電リサイクル券の利用方法については、家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください

    家電リサイクルの流れ

     家電リサイクル制度は、消費者・家電小売店・家電メーカーがそれぞれの役割を果たしながら協力し合い、成り立っています。

    家電リサイクルの流れ図

    • 分離された部品や材料などは再商品化します。
    • エアコン・冷蔵庫の冷媒フロンをあわせて回収・処理します。

    関連情報

    より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

    質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
    質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


    このページに関するお問い合わせ

    環境局環境事業課
    電話:086-803-1297
    所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号(分庁舎6階)[地図
    開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
    Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


    ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。