このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  ごみ・リサイクル >  家庭ごみに関すること >  ごみの出し方 >  可燃ごみ(焼却ごみ)の出し方



ここから本文です。

可燃ごみ(焼却ごみ)の出し方

 ごみの焼却には、ばく大な経費が必要です。 きちんと分別し、皆さん一人ひとりが不必要にごみを出さないことで、資源も経費も大きく節約できます。

出す日・時間

週2回です。地区ごとに決められた日の当日に、決められた場所へ午前8時までに出してください。
(一部地域では午前7時30分まで ※収集曜日一覧の備考欄を参照ください)

  • 祝日も通常どおり収集します。
  • 出す日は地区ごとに異なります。収集曜日一覧をご覧ください。
  • 出す場所は町内会やマンション等で設置している「ごみステーション」となります。「ごみステーション」の場所については、各地区で出す場所が決められていますので、町内会の場合は町内会やご近所の方、マンション等共同住宅の場合は管理人の方等にお尋ねください。

ごみの出し方

決められた岡山市有料指定袋に入れて出してください。

  • 生ごみは水切りを十分にしてください。
  • 剪定枝は長さ60センチメートル以下、直径12センチメートル以下に切って片手で下げられる程度に束ねてください。剪定枝、枯葉(木葉)、庭に自然に生えた草は無料で収集します。ただし、観賞用に植えた花や家庭菜園から出る茎などは有料です。
  • トレイは回収しているお店にお持ちください
  • 紙おむつは汚物を取り除いて紙に包んで出してください。

主な可燃ごみ

  • 台所の生ごみ
  • 貝がら
  • 発泡スチロール、卵パック、ポリ容器、ビニール袋
  • ゴム類(サンダル、ボール、ホース)
  • 紙オムツ(汚物は取り除いてください。)
  • 剪定枝(長さ60センチメートル以下、直径12センチメートル以下に切ってください。)
  • くつ、ベルト
  • プラスチック製品(ペットボトルは資源化物へ)
  • クッション
  • ぬいぐるみ(大きなものは粗大ごみへ)、ハンカチ

主な可燃ごみ

生ごみ処理機・コンポストで一石二鳥

 台所の生ごみを「生ごみ処理機」や「コンポスト」を使用して処理すると可燃ごみの減量につながり、処理したものは土壌改良剤として土壌作りに利用できます。

生ごみ処理機・コンポスト


生ごみ処理機

電気による温風等で生ごみを加熱し乾燥させることによって生ごみの量を大幅に減量できます。

コンポスト

土壌中にいる微生物によって生ごみを分解します。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境事業課
電話:086-803-1297
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号(分庁舎6階)[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。