このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  ごみ・リサイクル >  各種補助制度等 >  生ごみ処理容器購入費補助



ここから本文です。

生ごみ処理容器購入費補助

 岡山市では、一般家庭から出される生ごみの減量化や堆肥化を目的として、家庭用の生ごみ処理容器の購入に対して補助金を交付します。

 平成216月から、電気式生ごみ処理機のうちディスポーザ型について、市長が認める一部のものについては、補助対象となりました。

 ただし、申請の際には事前協議が必要ですので、必ず申請前に環境事業課までご連絡ください。公共下水道に排水の接続をお考えの方は、下水道河川局下水道営業課に接続可能であるか等を事前に確認し、ディスポーザ設置に係る手続きをしてください。また、合併浄化槽に排水の接続をお考えの方は、環境保全課浄化槽対策室にディスポーザ対応型の合併浄化槽であるか等を事前に確認してください。


必ず購入前に申請してください。すでに購入されたものは対象となりません。

(注釈)現在、申請から購入可能となるまで約3週間から4週間程度の期間を要しております。
 

対象となる生ごみ処理容器と補助額

電気式生ごみ処理機

(下水道等への排水管に接続するディスポーザ型については、容器から生成される堆肥等を有効に活用できるものとして市長が認めるものに限る)
1世帯の補助数:1台まで
補助金:購入費(税込み)の半額で3万円を上限とします。(100円未満の端数は切り捨て)

コンポスト容器又はぼかし等の容器

1世帯の補助数:2台まで
補助金:購入費(税込み)の半額で3千円を上限とします。(100円未満の端数は切り捨て)

補助の条件

下記の条件を満たす方

  • 市内に住所を有し、かつ、居住している世帯主であること。
  • 容器を設置することができる場所を有し、申請者本人もしくは同居の家族が使用すること。
  • 生ごみの処理後にできる肥料等を有効に活用するよう努めること。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 申請者又は同一世帯の方が過去5年以内に市の補助を受けて生ごみ処理容器を購入していないこと。(1世帯の補助台数に満たない場合を除く。)
  • ディスポーザ型については、容器から生成される堆肥等を有効に活用できるものとして市長が認めるもの。

申請書類等

申請書等がダウンロードできます。

申請日時・場所について

郵送での受付はしませんので、下記窓口で申請をしてください。

北区・中区・南区の環境事業課ごみ対策班、東区は総務・地域振興課、各支所、各地域センター
(注釈)いずれも、各日午前8時30分から午後5時15分、土曜日・日曜日・祝日は除く

ただし、ディスポーザ型の申請については、環境事業課のみの申請となりますので、ご注意ください。

生ごみ処理容器指定取扱店の募集について

 上記の生ごみ処理容器購入費補助制度の円滑な実施のため、生ごみ処理容器指定取扱店を募集しています。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境事業課
電話:086-803-1297
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号(分庁舎6階)[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。