このページのトップ



現在位置 :  トップページ > セアカゴケグモとよく間違われる生きもの3.ゴホントゲザトウムシ



ここから本文です。

セアカゴケグモとよく間違われる生きもの3.ゴホントゲザトウムシ

3.ゴホントゲザトウムシ

ゴホントゲザトウムシは、クモに近い、「ザトウムシ」という生きものの仲間です。5月~7月ごろにかけて、里山や、山の近くの民家などで見られます。日本の在来種で、毒等はありません。赤い色のダニ類に寄生されていることがあり、寄生されている姿がセアカゴケグモと混同されることがあります。
なお、ゴホントゲザトウムシは、鳥取県や愛媛県で準絶滅危惧種に指定されています。

ザトウムシイメージ

ゴホントゲザトウムシ(イラスト)

ダニに寄生されたザトウムシイメージ

ダニ類に寄生されたゴホントゲザトウムシ(イラスト)


見分けるポイント

1.体型

  • セアカゴケグモはおなかが大きく、丸っこい体型です。
  • ゴホントゲザトウムシは、横からみるとすこし平らで、円盤にちかい形をしています。
  • セアカゴケグモは、頭と腹の境目が分かりやすく、全体的につるっとしています。
  • ゴホントゲザトウムシは、頭がどこにあるのか分かりづらく、少し角ばっていて、ごつごつしています。


2.赤い模様

  • セアカゴケグモのメスは、腹に大きな赤い模様があります。
  • ゴホントゲザトウムシは、とげが少し赤い場合、ダニ類が寄生して楕円形の点々が不規則についている場合がありますが、セアカゴケグモのような、大きな赤い模様はありません。


 

3.比較イメージ

下の図はセアカゴケグモとゴホントゲザトウムシを比較したときのイメージ図です。上がセアカゴケグモメス、真ん中がゴホントゲザトウムシ、下がダニ類に寄生されたゴホントゲザトウムシです。

セアカゴケグモとゴホントゲザトウムシの比較イメージ



より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境保全課 自然保護係
電話:086-803-1284 ファクス:086-803-1887
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。