このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 微小粒子状物質(PM2.5)への対応について



ここから本文です。

微小粒子状物質(PM2.5)への対応について

 

現在、岡山県内はPM2.5の注意喚起が行われていません。



 

   (注意)新しく開いた画面では「光化学オキシダント」の測定値が表示されています。
      『表示項目』で『微小粒子状物質』を選択して『表示』ボタンを押してください。
      詳しい手順は下のPDFファイル「本日の濃度の確認方法」をご覧ください。

1.注意喚起を行うときは(平成28年4月1日変更)

岡山県南部の一般大気測定局で、下表のいずれかに該当したとき、1日平均値が70㎍/m3(暫定指針値)を超えると予測されるため、岡山県が午前8時ころ又は午後1時ころ、注意喚起を行います。
岡山市では、県からの連絡を受け、市ホームページのトップページ及び電話音声案内でお知らせします。また、関係課を通じて保育園や学校等へ連絡します。


午前中の早めの時間帯での判断
(午前8時ころの注意喚起)
午後からの活動に備えた判断
(午後1時ころの注意喚起)
午前5時から午前7時までのPM2.5の1時間値の平均値が、
県南部の一般大気測定局の2局以上で85㎍/m3を超過したとき
午前5時から正午までのPM2.5の1時間値の平均値が、
県南部の一般大気測定局の1局以上で80㎍/m3を超過したとき

(備考)
次のいずれかに該当するときは、県全域に注意喚起を行います。
(1)県南部又は県北部のいずれか一方の区域が、午前中の早めの時間帯での判断又は午後からの活動に備えた判断に該当する場合であって、広域的な観点から他方の区域にも注意喚起を行う必要があると認められるとき
(2)県南部における一般大気測定局の1局、かつ、県北部における一般大気測定局の1局において、早朝(午前5時から午前7時まで)のPM2.5の1時間値の平均値が85㎍/m3を超過したとき

電話音声自動案内

PM2.5に係る注意喚起情報を自動音声案内により情報提供しています(平成25年3月18日から)。

電話番号  (086)803-1356 (有料)

1 岡山県が注意喚起を行っていない場合

~岡山市環境保全課です。
 現在、PM2.5の注意喚起は行われておりません。~

2 岡山県が注意喚起を行っている場合

~岡山市環境保全課です。
 本日、岡山県では、PM2.5の注意喚起を行っています。
 できるだけ、外出や屋外での長時間の激しい運動は控えましょう。
 また、屋内でも換気や窓の開け閉めを必要最小限にしましょう。
 呼吸器系や循環器系疾患のある方や小児、高齢者のかたは、体調に応じて、より慎重に行動しましょう。~


岡山市携帯サイトPM2.5情報

岡山市公式携帯サイトにもPM2.5に係る内容(注意喚起情報、測定結果等)を掲載しています(平成25年3月18日から)。

★岡山市携帯サイトhttp://mobile.city.okayama.jp/

岡山市携帯サイト

メール配信サービス

 岡山県が注意喚起情報を「おかやま防災情報メール」で登録者にお知らせするサービスを平成27年3月21日から開始しました。
 これに伴い、岡山市のメールマガジン「PM2.5情報おかやま」は、平成27年5月末をもちまして終了いたしました。今後は岡山県のメール配信サービスをご利用ください。
 なお、岡山市のメールマガジン配信終了に伴う登録停止手続きは不要です。
   
 岡山県の「おかやま防災情報メール」の登録方法は下のリンク先ページをご覧ください。

2.注意喚起が行われたら

 ・不要不急の外出を控えてください。
 ・屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしてください。
 ・屋内でも換気や窓の開閉を必要最小限にしてください。
 ・呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、ご高齢者は体調に応じて、より慎重に行動してください。

 ※医療用や産業用の高性能な防じんマスクは、微粒子の吸入を減らす効果があります。顔の大きさに合ったものを、空気が漏れないように着用してください。
 ※1日平均値が70μg/m3を超えた場合でも、すべての人の健康に影響が現れるものではありません。

3.PM2.5とは

 大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(μm)以下の小さな粒子です(1マイクロメートルは1ミリメートルの1000分の1)。髪の毛の太さと比べて30分の1程度という非常に小さな粒径のため、肺の奥深くまで入りやすく、健康への影響が心配されています。
 物の燃焼に伴って直接排出される場合と、硫黄酸化物や窒素酸化物などガス状の大気汚染物質が化学反応により粒子となる場合があります。

4.基準となる数値

 環境基本法第16条第1項に基づいて「人の健康を保護する上で維持することが望ましい基準」として、次のとおり環境基準が定められています(平成21年9月9日)。  

○1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。    
(参考) アメリカの基準 24時間平均35μg/m3 年平均15μg/m3  

この環境基準(1日平均値 35μg/m3)を超えたことのみで、健康影響が生じると考えるべきものではありません。   

また、注意喚起のための暫定的な指針として、1日平均値70μg/m3 が設定されました。 
この数値についても、超えたことが原因ですべての人に必ず健康影響が生じるというものではありません。  

なお、この暫定的な指針を超えるかどうかを判断する基準として、次の値が使われます。   
・85μg/m3 (午前5時から7時までの1時間値の平均値)   
・80μg/m3 (午前5時から正午までの1時間値の平均値)

5.測定結果

 1日平均値の環境基準(35μg/m3)を超えた日はありますが、注意喚起の暫定指針値(1日平均値70μg/m3)を超えた日はありません。

6.測定場所

 岡山市では、3測定局に機器を設置し24時間連続で測定を行っています。  また、平成26年度からは、市内北部1箇所、東部1箇所でも測定を行っています。  

測定局の名称 測定局の種類 所在地 測定開始年月
江並局 一般環境大気測定局 中区江並428-73(江並遊園地) 平成24年4月
東岡山局 一般環境大気測定局 中区長岡58-2(財田小学校) 平成24年4月
南方局 自動車排出ガス測定局 北区南方1丁目3-65(岡山後楽館高等・中学校) 平成25年2月


 




※平成26年度 PM2.5 追加測定地点 
測定地点の名称 所在地 測定開始年月
建部 北区建部町富沢366(建部小学校) 平成26年4月末
西祖農集 東区西祖215(西祖地区農業集落排水処理場) 平成26年4月末

PM2.5測定局位置図
青色枠:一般環境大気測定局 赤色枠:自動車排出ガス局 黄色枠:平成26年度追加測定箇所

 また,岡山市周辺にも測定局があります。
  

測定局の名称 所在地
監視センター 倉敷市水島東千鳥町1-50
松江局 倉敷市松江3-11-26
倉敷美和局 倉敷市美和1-13-33
茶屋町局 倉敷市茶屋町早沖1103-1
児島局 倉敷市児島小川1-1-17
庄局 倉敷市上東1117-1
総社局 総社市中央2-4-103
早島局 都窪郡早島町前潟240








 
 
 


7.相談窓口について

PM2.5に係る相談については、次の連絡先までお問い合わせください。

相談窓口一覧(平日8:30~17:15)
 相談内容  相談窓口  連絡先(電話番号)
 健康相談について 保健所健康づくり課健康増進難病対策係
  北区中央保健センター
  北区北保健センター
  北区北保健センター御津・建部分室
  中区保健センター
  東区保健センター
  南区西保健センター
  南区南保健センター 
803-1263
  803-1265
  251-6515
  722-1114
  274-5164
  943-3210
  281-9625
  261-7051
 学校保護者からの問合せについて 教育委員会保健体育課保健体育係 803-1594
 保育園、幼稚園、認定こども園の保護者からの問合せについて 保育・幼児教育課保健係 803-1227
 測定値・注意喚起等について 環境保全課大気騒音係 803-1280
 注意喚起情報(24時間音声自動案内) 環境保全課大気騒音係 803-1356

8.今後の対応

環境省が立ち上げた自治体連絡会などから最新の情報を得ると共に、岡山市公害対策審議会からの意見を踏まえ、測定体制の充実を含め、測定機を設置している岡山県や倉敷市とも連携を取り、市民へのわかりやすい情報提供に努めて参ります。

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境局環境保全課 大気騒音係
電話:086-803-1280 ファクス:086-803-1887
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。