このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  環境 >  水質保全 >  岡山県環境への負荷の低減に関する条例(土壌・地下水汚染について)



ここから本文です。

岡山県環境への負荷の低減に関する条例(土壌・地下水汚染について)

岡山県環境への負荷の低減に関する条例(以下このページにおいて「県条例」といいます。)における土壌・地下水汚染に関する届出等について紹介しています。

県条例について

平成14年10月1日に県条例のうち土壌汚染に関する規定が施行されました。
県条例では、有害物質を取り扱い、又は取り扱っていた事業所(以下「有害物質取扱事業所」という。)が、当該事業所敷地内において規則で定める基準を超える有害物質等による土壌又は地下水の汚染を発見したときに届出が必要であると規定しています。

1.調査契機について

県条例では調査の契機については規定していません。
自主的な調査の結果、土壌又は地下水の汚染を発見した場合届出が必要となります。

2.届出についての流れ

(1)自主的な調査で土壌又は地下水の汚染を発見した場合の届出(県条例第65条第1項)
有害物質取扱事業所において、土壌又は地下水を自主的に調査した結果、規則で定める基準を超える有害物質を発見した場合は届出が必要となります。

(2)届出内容の公表(県条例第65条第2項)
上記届出を実施した場合は速やかに当該届出の内容を公表します。

(3)浄化対策計画書の作成(県条例第67条)
県条例第65条第1項に基づく届出があったときは、当該汚染原因の調査を実施します。
調査の結果、有害物質取扱事業所の事業活動に起因して土壌又は地下水の汚染が生じていると認められるとき、浄化対策計画書の提出が必要となります。

3.岡山市における届出状況

岡山市における届出(公表)事例です。

岡山県環境への負荷の低減に関する条例

条例及び条例施行規則については,岡山県例規全集をご覧ください。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

環境局環境保全課 水質係
電話:086-803-1281 ファクス:086-803-1887
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。