このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  介護保険制度 >  入所型サービス事業所等の廃止・指定の辞退・休止・再開について



ここから本文です。

入所型サービス事業所等の廃止・指定の辞退・休止・再開について

事業の廃止(指定辞退)・休止の届出について

(1) 事前届出制

 介護サービス事業の運営が出来なくなった場合は、その廃止(指定辞退)又は休止の旨を【1ヶ月前】までに、岡山市事業者指導課に届け出なければなりません。
 (例)9月1日から事業を廃止(指定辞退)又は休止しようとする場合、7月31日までに届出を行わなければなりません。

 ※(休止中の更新手続について)
  休止中の施設・事業所については、指定(許可)の更新を受けることができません。
  ただし、指定(許可)有効期間満了日前までに、指定(許可)基準等を満たした上で、事業を再開すれば更新を受けることができます。

(2)継続的なサービスの確保

 事業を廃止(指定辞退)又は休止しようとするときは、引き続きサービスの提供を希望する利用者等に対し、必要なサービスが継続的に提供されるよう、居宅介護支援事業者や他の施設・事業所、その他関係者との連絡調整を行わなければなりません。

※事業の休止(廃止・指定辞退)に当たっては、現にサービスを受けている利用者等に対する措置状況について、詳細を説明してください。

(3)廃止・指定辞退・休止の届出様式

<対象サービス> 

  • 指定(介護予防)短期入所生活介護
  • 指定(介護予防)短期入所療養介護
  • 指定(介護予防)特定施設入居者生活介護
  • 指定(介護予防)認知症対応型共同生活介護
  • 介護老人保健施設


<対象サービス>

  •  指定介護老人福祉施設
  • 指定介護療養型医療施設
  •     
  • 指定地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護


再開の届出について

(1)再開について

 事業を休止後、再開したときは、再開した日から【10日以内】にその旨を岡山市事業者指導課に届け出なければなりません。

※(事前協議について)
 事業の再開に当たっては、指定基準(人員基準・設備基準)を満たしていることの確認を要するため、【あらかじめ】事業者指導課 施設係 (086-212-1014)までご連絡ください。
 なお、事前協議の際には、指定基準(人員基準・設備基準)を満たしていることが確認できる書類(従業者の勤務の体制及び勤務形態一覧表、資格証、図面、写真、その他必要に応じて求める書類)をご持参ください。

(2)再開届出様式

<対象サービス>

  • 指定(介護予防)短期入所生活介護
  • 指定(介護予防)短期入所療養介護
  • 指定(介護予防)特定施設入居者生活介護
  • 指定(介護予防)認知症対応型共同生活介護
  • 介護老人保健施設

※(添付書類について)
 上記の届出書の他に、従業者の勤務の体制及び勤務形態一覧表、資格証を提出してください。
 なお、再開時に変更事項がある場合は、「介護老人保健施設開設許可事項変更許可申請書」(様式第6号)又は「指定居宅サービス事業者等変更届出書」(様式第4号)及び添付書類の提出が必要となります。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局事業者指導課 施設係
電話:086-212-1014 ファクス:086-221-3010
所在地:〒700-0913 岡山市北区大供3丁目1-18 KSB会館4階[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。