このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  障害者の福祉 >  働く障害者のための交流拠点(愛称:たまりば)研修会を開催しました!



ここから本文です。

働く障害者のための交流拠点(愛称:たまりば)研修会を開催しました!

『自分らしく働く、働き続けるために私たちにできること』 働く障害者・企業・支援者の立場から考える

たまりば写真

岡山市では、企業などで働く障害者が就業後や休日に交流する場を設け、あわせて職場や生活上の相談を行うことにより、障害者の職場定着を推進し社会参加と自立を支援するため、働く障害者のための交流拠点(愛称:たまりば)を社会福祉法人に委託して運営しています。


研修会チラシ

たまりばでは、企業などで働く障害のある方により多くご利用いただくために、また、障害者が職場で自分らしく働き続けるために必要なことを考えていくために、1月14日に研修会を開催しました!
倉知延章先生によるご講演、4人のシンポジストによるシンポジウムに多くの方に参加いただき、実り多き研修になりました。
これからも積極的にたまりばを積極的にご利用ください♪


日時

平成29年1月14日(土曜日)13時から

場所

岡山市民会館4階 大会議室 (岡山市北区丸の内2丁目1-1)

講演

時間:13時から14時50分
演目:「就労支援の現状と職場定着支援の展望
講師:倉知延章先生(九州産業大学 国際文化学部 臨床心理学科 教授)

倉知先生には最近の障害者雇用や就労支援をめぐる状況についてデータ等を交えてご説明いただき、今後の職場定着支援におけるポイントについてご講演いただきました。

講演の様子(1)
ご講演の様子

講演の様子(2)
多くの方にご参加いただきました

シンポジウム

時間:15時から16時30分
テーマ:「自分らしく働く、働き続けるために 私たちにできること ~たまりばの可能性を探る~
シンポジスト:一般就労している障害のある方(2名)・企業担当者(1名)・支援者(1名)の計4名

たまりばでの活動様子や活用方法、今後のたまりばに期待することなどを、シンポジスト4名とコーディネーターでディスカッションしました。

開催者

社会福祉法人 あすなろ福祉会 (働く障害者のための交流拠点事業受託者)
電話:086-201-1720、ファクス:086-201-1434

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局障害福祉課 就労・自立支援係
電話:086-803-1234 ファクス:086-803-1755
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。