このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  特別児童扶養手当の障害程度認定基準が変わります



ここから本文です。

特別児童扶養手当の障害程度認定基準が変わります

平成27年10月1日から、特別児童扶養手当の障害程度認定基準が一部改正されます。これに伴い、診断書の様式も一部変更されます。

 近年の医学的知見を踏まえ、特別児童扶養手当の障害程度認定基準が一部改正され、平成27年10月1日より適用されることとなりました。  

認定基準が一部改正される障害
 ・第2節  聴力の障害
 ・第5節  言語機能の障害
 ・第10節  心疾患(診断書様式のみの変更)
 ・第11節  腎疾患

 平成27年10月1日以降に岡山市に提出される方から適用されます(診断月が9月であっても、岡山市への提出が10月1日以降になる場合は、新様式での提出が必要ですのでご注意ください)。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局障害福祉課 福祉係
電話:086-803-1236 ファクス:086-803-1755
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。