このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  障害者の医療 >  障害/医療



ここから本文です。

障害/医療

心身障害者医療費助成制度

詳しくはこちらをご覧ください。

自立支援医療

18歳以上の身体障害の方は更生するために、精神障害の方は適正な医療の普及を図るために、18歳未満の児童は生活能力を得るために必要な医療が受けられます。((注釈)原則として、費用の1割負担が必要になります。)

更生医療

内容

身体障害を除去,軽減し日常生活を容易にする医療

対象者

身体障害者手帳を持っている18歳以上の方

申請窓口

各福祉事務所(クリックしてください)

必要なもの

窓口で記入していただくもの
  • 申請書
  • 医療機関の判定票
持参していただくもの
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 特定疾病療養受療証(人工透析・免疫療法の方のみ)

育成医療

詳細ページへ(健康づくり課)

精神通院医療

お問い合わせ

各福祉事務所(クリックしてください)
保健所・保健センター(クリックしてください)

後期高齢者医療の適用

一般の方は満75歳から適用になりますが、一定の障害のある方は満65歳から適用されます。

制度の詳細は「高齢者の医療制度」をご覧ください。

お問い合わせ

各福祉事務所(クリックしてください)

はり・きゅう・マッサージ施術費の助成

障害者(児)が、はり・きゅう・マッサージ等の施術を受ける場合、市が発行する施術券により、施術に要する費用の一部を助成します。
(注釈)市が指定した施術所に限ります。施術1回に施術券1枚を使用してください。

対象者

市内に居住する在宅の障害者(児)で次のような方
(市が指定した施術所に従事する方を除く。)

  • 身体障害者手帳1から4級をもっている方
  • 療育手帳Aをもっている方

支給枚数

年間18枚を限度(申請した月によって支給枚数が異なります。)

助成金額

施術券1枚につき1,200円。

窓口で記入していただくもの

  • はり・きゅう・マッサージ施術券交付申請書

持参していただくもの

  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • 印鑑

(代理人が申請する場合は、代理人の確認に免許証・保険証等の身分証が必要です。)

お問い合わせ

施術所の指定を受ける場合

必要なもの

窓口で記入していただくもの

  • 施術所指定申請書
  • 債権者登録申請書

持参していただくもの

  • 免許証の写し
  • 開設届出済証明書(保健所長の証明)
  • 岡山市鍼灸マッサージ師会会員証明書(会長の証明)
  • 印鑑
  • 施術所従事者名簿

お問い合わせ

障害福祉課

産科医療補償制度

分娩に関連して発症した重度脳性まひのお子様とご家庭の経済的負担を速やかに補償するとともに、原因分析を行い、同じような事例の再発防止に資する情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的とした制度です。

お問い合わせ

公益財団法人 日本医療機能評価機構
産科医療補償制度専用コールセンター
電話:0120-330-637 受付時間:午前9時から午後5時(土日祝日・年末年始除く)

添付ファイルは新しい画面で開きます。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局障害福祉課
電話:086-803-1235 ファクス:086-803-1755
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。