このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  障害者の福祉 >  身体障害者手帳



ここから本文です。

身体障害者手帳

身体障害者の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。
これらの制度を利用するためには「身体障害者手帳」が必要です。
身体障害者手帳は、申請に基づいて、身体に定められた程度(身体障害者障害程度等級表を参照してください)以上の永続する障害のある方に市長から交付されます。

手続き先

手帳交付申請や記載事項変更届などの手続きは、居住地を管轄する福祉事務所・支所が窓口になります。

申請に必要なもの

申請書
  • 用紙は各福祉事務所・支所にあります。(下記からダウンロードすることもできます。)
診断書
  • 指定を受けた医師の診断を受けてください。診断書の用紙は各福祉事務所・支所にあります。(下記からダウンロードすることもできます。)
  • 診断書は原本を提出します。後日写しが必要となった場合は個人情報開示請求の手続きが必要となりますので、あらかじめコピーをとっておくと便利です。
顔写真
  • 縦4センチ、横3センチ、原則として申請から一年以内に撮影されたもので、脱帽上半身のもの。
印鑑
  • 申請者本人のもの
マイナンバー関連書類
  • 個人番号カードまたは個人番号通知カード
  • 窓口にお越しの方の身分証明書(個人番号カード、運転免許証等)

申請が必要な場合

現在、身体障害者手帳をお持ちの方で、次の事項に該当する場合は、必ず届出をしてください。

  • 住所の変更
  • 氏名の変更
  • 死亡
  • 手帳の紛失、破損
  • 障害の程度変更

身体障害者手帳の申請に関する様式

身体障害者手帳の申請に関する申請書、診断書・意見書を掲載しています。

各種申請用紙

身体障害者手帳診断書・意見書

身体障害者福祉法第15条に規定する指定医師の診断を受けてください。
(注1)心臓機能障害・免疫機能障害については、年齢によって診断書の様式が異なりますのでご注意ください。
(注2)口唇・口蓋裂後遺症等によるそしゃく機能障害の方については、そしゃく機能障害用診断書とともに歯科医師による診断書の提出が必要です。

身体障害者福祉法第15条指定医師

身体障害者手帳の申請に必要な診断書を作成できるのは、身体障害者福祉法第15条の規定に基づく指定を受けた医師(15条指定医師)に限られます。
15条指定医師の指定は、医師の所属する医療機関の所在地により、都道府県知事、政令市市長、中核市市長が行うこととなっています。
岡山市内の医療機関に所属する医師に対する15条指定医師の指定は、岡山市長が岡山市社会福祉審議会身体障害者福祉専門分科会の意見を聴いたうえで行います。
岡山市及び倉敷市を除く岡山県内の医療機関に所属する医師の指定については岡山県に、倉敷市内の医療機関に所属する医師の指定については倉敷市にお問い合わせください。

岡山県内の15条指定医師についてのお問い合わせ先
  • 岡山市内の医療機関:岡山市障害者更生相談所 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 電話:086-803-1248 ファクス:086-803-1771
  • 岡山市及び倉敷市以外の医療機関:岡山県障害福祉課 〒700-8570 岡山市北区内山下二丁目4番6号 電話:086-226-7362 ファクス:086-224-6520
  • 倉敷市内の医療機関:倉敷市障がい福祉課 〒710-8565 倉敷市西中新田640番地 電話:086-426-3305 ファクス:086-421-4411

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局 障害・生活福祉部 障害者更生相談所 身体障害係
電話:086-803-1248 ファクス:086-803-1771
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。