このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  身体障害者手帳の聴覚障害の認定基準が変わります



ここから本文です。

身体障害者手帳の聴覚障害の認定基準が変わります

平成27年4月から聴覚障害の身体障害者手帳をお持ちでない方に対する聴覚障害2級の認定基準が変わります。

 聴覚障害の身体障害者手帳をお持ちでない方に対し、聴覚障害2級と診断する場合には、ABRなどの他覚的聴覚検査、またはそれに相当する検査(※注)を実施し、その結果(実施した検査方法及び検査所見)を診断書に記載し、記録データのコピー等を添付していただくようになります。
 ※注 それに相当する検査:「遅延側音検査」、「ロンバールテスト」、「ステンゲルテスト」など
 
平成27年4月1日以降に作成された診断書・意見書により申請される方から適用されます。
なお、平成27年3月31日までに作成され、4月以降に提出された診断書・意見書については、他覚的聴覚検査は必須とせず、従前のとおりの取扱いとなります。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局障害者更生相談所 身体障害係
電話:086-803-1248 ファクス:086-803-1771
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。