このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  健康・医療・福祉・年金 >  身体障害者手帳(又は療育手帳)を持っていた人が亡くなった場合、何か手続きが必要ですか?



ここから本文です。

身体障害者手帳(又は療育手帳)を持っていた人が亡くなった場合、何か手続きが必要ですか?

質問

身体障害者手帳(又は療育手帳)を持っていた人が亡くなった場合、何か手続きが必要ですか?

回答

 はい、身体障害者手帳(又は療育手帳)返還の手続きが必要です。印鑑をお持ちのうえ、各福祉事務所・各支所・灘崎保健福祉室で返還手続きをしてください。
 また、利用していた制度(手当など)によっては、同居家族のかたの振込口座番号などが必要になることがありますので、窓口に来られる前に各福祉事務所・各支所・灘崎保健福祉室へお問い合わせください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

身体障害者手帳

保健福祉局障害者更生相談所 身体障害係
電話:086-803-1248 ファクス:086-803-1771
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


療育手帳

保健福祉局障害者更生相談所 知的障害係
電話:086-803-1247 ファクス:086-803-1771
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。