このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  高齢者の福祉 >  岡山市における認知症施策の指針(岡山市版オレンジプラン)



ここから本文です。

岡山市における認知症施策の指針(岡山市版オレンジプラン)

現在、岡山市は市民の約4人に1人が高齢者という「超高齢社会」を迎えており、そのうち2万人以上の方が、何らかの認知症の症状を有すると推定されています。
こうした中、岡山市は、医療・福祉・介護の関係者が連携し、地域全体で認知症の方々を支えるための方向性を示すものとして、「岡山市における認知症施策の指針(岡山市版オレンジプラン)」を策定しました。
今後、「認知症になっても、本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で、安心してくらし続けることができる社会をめざす」という基本的な考え方のもと、積極的な施策展開を図っていきたいと考えています。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

岡山市における認知症施策の指針(岡山市版オレンジプラン)【改訂版】

(1) 認知症施策の指針(岡山市版オレンジプラン)の策定にあたって

(2) 岡山市の高齢者の現状

(3) 課題と課題解決の方向性

(4) 今後に向けて

(5) 参考資料

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉局 高齢福祉部 高齢者福祉課
電話:086-803-1230
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。