このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  健康・医療・福祉・年金 >  後期高齢者医療 >  【死亡】 後期高齢者医療制度加入者が亡くなったときの手続きを教えてください。



ここから本文です。

【死亡】 後期高齢者医療制度加入者が亡くなったときの手続きを教えてください。

質問

【死亡】 後期高齢者医療制度加入者が亡くなったときの手続きを教えてください。

回答

後期高齢者医療制度に加入している方が亡くなった場合、葬祭執行者(喪主)に葬祭費として5万円が支給されます。
お近くの各区役所市民保険年金課・支所・地域センター・福祉事務所へ申請してください。
ただし、葬祭を行った日の翌日から2年経過すると時効により支給できませんので、ご注意ください。

  申請のときに必要なもの
   (1) 亡くなった方の後期高齢者医療被保険者証
   (2) 葬祭執行者(喪主)の印判(認印可)
   (3) 葬祭執行者(喪主)の金融機関振込先口座のわかるもの(通帳等)
    ※  葬祭執行者(喪主)以外の口座に振込をする場合は委任状が必要です。

なお、保険料の変更や高額療養費の支給が発生した場合には、後日通知をお送りします。


 

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局医療助成課 長寿医療係
電話:086-803-1217
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。