このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  健康・医療・福祉・年金 >  後期高齢者医療 >  【減額認定証】 入院することになったのですが、病院で後期高齢者医療の減額認定証の手続きをするように言われました。どうしたらいいですか。



ここから本文です。

【減額認定証】 入院することになったのですが、病院で後期高齢者医療の減額認定証の手続きをするように言われました。どうしたらいいですか。

質問

【減額認定証】 入院することになったのですが、病院で後期高齢者医療の減額認定証の手続きをするように言われました。どうしたらいいですか。

回答

 住民税非課税世帯の方は、各区役所市民保険年金課、支所、地域センター、福祉事務所の窓口へ、被保険者証と印判(認印可)を持参し、
「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定申請書」を提出してください。
病院で認定証を提示すると、入院したときの食事負担額が安くなります。

 また、区分2(低所得者2)の認定を受けている方で、過去1年間の区分2(低所得2)の認定期間内に90日を超える入院日数がある方は、
申請により入院時の食事代がさらに減額される場合がありますので、入院日数が確認できる領収書と認定証および印判(認印可)を持参し
改めて申請してください。

    ※ 世帯内に収入の把握できない方がいる場合は、収入の申告(簡易申告)をしていただく場合があります。
    ※ 代理の方による申請の場合は、その方の本人確認ができるものが必要です。
    ※ 被保険者本人の保険証と印判(認印可)をご持参された場合は、代理の方にも即日交付可能です。



より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健福祉局医療助成課 長寿医療係
電話:086-803-1217
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。