このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  保険と年金 >  年金の給付 >  合算対象期間(カラ期間)



ここから本文です。

合算対象期間(カラ期間)

合算対象期間(カラ期間)とは

 老齢基礎年金を受け取るためには、年金保険料を納付したか、あるいは免除等(学生納付特例を含む)の適用を受けた期間(「受給資格期間」と呼びます)が、原則として25年(=300か月)以上である必要があります(連続していなくても、通算でも可)。
 現在の年金制度では、日本に住所がある20歳以上60歳未満の方は全員、いずれかの年金に加入しなければなりませんが、以前は、国民年金制度の適用外とされていたり、適用はあっても加入は任意とされていた方が存在していました。
 それに該当する期間は、老齢基礎年金の額には反映しませんが、年金を受け取るための期間には算入できることとされています。このことを「合算対象期間」と呼びます。また、「カラ期間」とも通称されます。具体的には、次のようなものがあります。

  1. 国民年金に任意加入できたが、実際には任意加入していなかった期間
    • 昭和36年4月から昭和61年3月までの期間で、20歳以上60歳未満だった人が、厚生年金保険、船員保険及び共済組合の加入者の配偶者であったため、国民年金に任意加入しなかった期間
    • 昭和36年4月から平成3年3月までの期間で、20歳以上60歳未満だった人が、学生であったため、国民年金に任意加入していなかった期間
    • 昭和61年4月以降、20歳以上60歳未満の日本人が、海外に住んでいた期間
  2. 以前は、国民年金制度の対象から除外されていた期間
    • 昭和36年4月から昭和61年3月までの期間で、20歳以上60歳未満だった日本人が、海外に住んでいた期間
    • 昭和36年4月から昭和56年12月までの期間で、20歳以上60歳未満だった外国人が、日本国内に住んでいた期間(現在、日本に帰化しているか、永住許可を得ている場合に限る)
  3. 厚生年金保険、船員保険及び共済年金への加入期間で、次のいずれかに該当する期間
    • 昭和36年4月以前の期間で、一定の条件を満たす期間
    • 昭和36年4月以降で、20歳未満及び60歳以降の期間

※以上は代表的なものであり、他にも合算対象期間とみなせる期間があります。

関連情報

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

北区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-803-1130 ファクス:086-803-1734
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


中区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-901-1617 ファクス:086-901-1618
所在地:〒703-8544 岡山市中区浜三丁目7番15号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


東区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-944-5022 ファクス:086-943-4332
所在地:〒704-8555 岡山市東区西大寺南一丁目2番4号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


南区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-902-3517 ファクス:086-902-3542
所在地:〒702-8544 岡山市南区浦安南町495番地5[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。