このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  保険と年金 >  年金の給付 >  遺族基礎年金



ここから本文です。

遺族基礎年金

遺族基礎年金

受給要件

 遺族基礎年金とは、国民年金に加入中の方、または老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている方が亡くなったときに、亡くなられた方が生計を維持していた子のある配偶者またはに対して支給されます。
 ただし、死亡された月の前々月までに、保険料を納めた期間(免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上であること(平成28年3月末までは、死亡月の前々月までの直近1年間に、保険料の滞納がないこと)が要件となります。
 なお、ここでの子とは18歳に達する年度の年度末(障害者は20歳未満)までにある子をいいます。

ご注意ください

 遺族基礎年金は、死亡された方に子がいない場合には支給されません。

年金額(平成29年度額)

子のある配偶者が受けるとき
子の数 基本額(年額) 加算額(年額) 合計額(年額)
子がいないとき (支給されません) (支給されません) (支給されません)
1人のとき 779,300円 224,300円 1,003,600円
2人のとき 779,300円 448,600円 1,227,900円
3人以上のとき 2人のときの合計額に、子1人につき74,800円(年額)を加算した額
子が受けるとき
子の数 基本額(年額) 加算額(年額) 合計額(年額)
1人のとき 779,300円 0 779,300円
2人のとき 779,300円 224,300円 1,003,600円
3人以上のとき 2人のときの合計額に、子1人につき年額74,800円を加算した額

遺族基礎年金の詳細については、下の日本年金機構のページもごらんください。

請求先

年金事務所での請求手続きとなる方

  • 死亡された方が第3号被保険者期間中であった場合

市役所での請求手続きとなる方

  • 死亡された方が第1号被保険者期間中であった場合
  • 国民年金に加入されていて国内に住所があった方で、60歳以上65歳未満の間であった場合
 また、遺族基礎年金の請求には、死亡したことを証する書面などの添付書類が必要ですので、事前にもよりの年金事務所または街角の年金相談センターに確認してください。

その他の年金について

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

北区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-803-1130 ファクス:086-803-1734
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


中区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-901-1617 ファクス:086-901-1618
所在地:〒703-8544 岡山市中区浜三丁目7番15号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


東区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-944-5022 ファクス:086-943-4332
所在地:〒704-8555 岡山市東区西大寺南一丁目2番4号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


南区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-902-3517 ファクス:086-902-3542
所在地:〒702-8544 岡山市南区浦安南町495番地5[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。