このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  保険と年金 >  国民年金 >  国民年金保険料の「後納制度」について



ここから本文です。

国民年金保険料の「後納制度」について

 これまでは、国民年金保険料を納めずに2年間を経過すると、そのまま「未納期間」として確定してしまい、改めて本人が希望しても納付はできないものとなっていました。
 
 後納制度とは、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができる制度です。

後納制度について

 後納制度については、「20歳以上60歳未満で、過去10年以内に未納の期間や国民年金未加入の期間があるかた」など、一定の要件を満たすかたが対象となります。
 また、後納制度を利用して年金保険料を納める場合、当時の保険料の額に、一定の加算額(納める時期によって異なります。)を加算した金額となります。
 後納制度の詳細については、下の日本年金機構のページをご覧ください。

手続きについて

 後納制度の対象となるかたには、日本年金機構から「国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ」が郵送されます。後納制度の利用を希望されるかたは、日本年金機構(岡山市に住民票を置いているかたであれば、岡山西年金事務所)に直接お申し込みください。
 ただし、この「お知らせ」は、対象となるかた全員にいっせいに郵送されるわけではなく、未納の期間が古いかたや年齢の高いかたを優先して、平成25年7月(予定)までに順次送付されることとなっていますが、「お知らせ」がお手元に届いていなくても、後納制度の利用を申し込むことは可能です。次項のお問い合わせ先にご連絡ください。

 後納が承認されれば、改めて後納用の納付書が送付されますので、それを使って年金保険料及び加算額を納めることになります。以前に発行されたもの(納期限を超過しているもの)は使用できません。

お問い合わせ先

 後納制度について電話で問い合わせる場合には、年金手帳など基礎年金番号が書かれているものを、お手元にご用意ください。

国民年金保険料専用ダイヤル 電話:0570-011-050
 ※050(一部)または070から始まる電話の場合は、03-6731-2015
岡山西年金事務所 電話:086-214-2166

★専用ダイヤル及び年金事務所の電話の受付時間《12月29日から1月3日までは除きます》
 月曜日(祝日を除く) 午前8時30分から午後7時まで
 火曜日から金曜日(祝日を除く) 午前8時30分から午後5時15分まで
 毎月第2土曜日(祝日を含む) 午前9時30分から午後4時まで

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

北区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-803-1130 ファクス:086-803-1734
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


中区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-901-1617 ファクス:086-901-1618
所在地:〒703-8544 岡山市中区浜三丁目7番15号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


東区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-944-5022 ファクス:086-943-4332
所在地:〒704-8555 岡山市東区西大寺南一丁目2番4号[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


南区役所市民保険年金課 国保年金係
電話:086-902-3517 ファクス:086-902-3542
所在地:〒702-8544 岡山市南区浦安南町495番地5[地図
開庁時間:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。