このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  相談窓口 >  悩み・こころの健康 >  アルコール健康障害対策



ここから本文です。

アルコール健康障害対策

アルコール依存症とは

●お酒を上手にコントロールして飲めなくなる病気です。
●体質と不適切な飲酒習慣により誰でもなる可能性があります。
●慢性、進行性で、身体的問題(健康問題)・精神的問題(不眠、うつなど)・社会的問題(労働、犯罪、事故など)が少しずつ進み、放置すれば死に至る病気です。
●治療により回復は可能ですが、常に再発と隣り合わせの病気で、お酒をやめていても再び飲酒することですぐ元の飲酒パターン(自分でコントロールできない飲み方)に戻ります。
●本人の意思の弱さによって起きるものではなく、医療機関で治療が必要な病気です。飲酒の仕方に問題を感じたら、早めに専門機関での相談や医療機関への受診が必要です。

適切な飲酒量とは

厚生労働省の示す、適切な飲酒量は、日本酒1合に相当するアルコール量です。
お酒の種類に応じて、アルコール度数が異なるため、それぞれ飲む量が異なります。以下の図は健康な成人男性の場合の適切な飲酒量を示しています。(カッコ内の数字はアルコール度数です)
また、以下の点にも注意が必要です。

 ・女性は、男性よりも少ない量が適当です。(女性の方が男性よりも肝臓が小さいためです)
 ・飲酒後顔が赤くなる人はこれより少なくしましょう。
 ・65歳以上の高齢者においては、より少量の飲酒が適当です。
 ・アルコール依存症の方は、適切な支援のもとに完全断酒が必要です。
 ・お酒を飲まない人には、飲酒をすすめないようにしましょう。

適切な飲酒量
出典:厚生労働省健康局生活習慣対策室


飲酒チェックツール~お酒の飲み方をチェックしてみましょう~

あなたのお酒の飲み方について、インターネット上の飲酒チェックツール「SNAPPY-CAT(スナッピー・キャット)」を使い、約3分間で振り返りができます。
さらに、同じインターネットのページから、「SNAPPY-PANDA(スナッピー・パンダ)」を選択し、自分が飲んだお酒の量を入力すると、簡単に総飲酒量と、お酒の分解にかかる時間が計測できます。自分の飲酒量を知ることで、飲酒運転防止にも役立ちます。


以下のQRコードからチェックしてみてください。自分の健康を管理するための方法の一つとして、活用してみましょう。

SNAPPY-CAT
SNAPPY-CATへ


アルコールに関する相談窓口




携帯電話でも場所を確認できます。
岡山市公式携帯サイトトップページから公共施設案内の保健所・保健センター
(http://mobile.city.okayama.jp/)
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は、下のQRコードを読み取っていただくと、岡山市公式携帯サイトがご覧になれます。

岡山市携帯サイトのQRコード


添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

こころの健康センター 支援係
電話:086-803-1273 ファクス:086-803-1772
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。