このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  相談窓口 >  悩み・こころの健康 >  精神保健福祉相談



ここから本文です。

精神保健福祉相談

 こころの健康センターでは、電話相談・来所相談・専門相談を行っています。
 なお、当センターでは一般診療及びセカンドオピニオンは実施しておりません。 また、メールによる相談はお受けしておりません。

電話相談

 こころの悩みや精神症状への対応について、ご本人やご家族などからのご相談を電話でお受けしています。
    相談専用電話  電話番号:086-803-1274
                受付時間:月曜日から金曜日まで(祝日、年末年始を除く)
                        午前9時から正午まで、午後1時から午後4時まで

来所相談

 こころの悩みや精神症状への対応について、ご本人やご家族などからのご相談をお受けしています。
 来所相談は完全予約制です。まずは相談専用電話 086-803-1274 へお電話ください。

  • 適切に対応するために、あらかじめ電話で相談の概要についてお伺いしています。
  • 場合によっては、適切な支援機関をご紹介させていただくことがあります。
     

 *こころの健康に関するご相談は、保健所及び各保健センターでもお受けしています。

専門相談

 専門相談として、依存症相談、思春期こころの健康相談、自死遺族相談を行っています。
 専門相談は完全予約制です。まずは相談専用電話 086-803-1274 へお電話ください。

思春期こころの健康相談

第2・第4水曜日 午後1時から午後4時まで

自死遺族相談

第1・第3金曜日 午後1時から午後4時まで

わかちあいの会(自死遺族の集い)

     自死によりご家族など大切な人をなくされたご遺族の方の集いを開催しています。
     ご自身の体験や気持ちを安心して語り、他の人の話を聴いて、悲しみをわかちあう場です。
     参加ご希望の方は、相談専用電話 086-803-1274 へお電話ください。
        日時:第2火曜日 午後1時30分から午後3時30分まで
        場所:岡山市保健福祉会館4階 ほのぼのルーム


 

依存症相談

事前予約制

アルコール依存症とは

  • お酒を上手にコントロールして飲めなくなる病気です。
  • 体質と不適切な飲酒習慣により誰でもなる可能性があります。
  • 慢性、進行性で、身体的問題(健康問題)・精神的問題(不眠、うつなど)・社会的問題(労働、犯罪、事故など)が少しずつ進み、放置すれば死に至る病気です。
  • 治療により回復は可能ですが、常に再発と隣り合わせの病気で、お酒をやめていても再び飲酒することですぐ元の飲酒パターン(自分でコントロールできない飲み方)に戻ります。
  • 本人の意思の弱さによって起きるものではなく、医療機関で治療が必要な病気です。飲酒の仕方に問題を感じたら、早めに専門機関での相談や医療機関への受診が必要です。




携帯電話でも場所を確認できます。
岡山市公式携帯サイトトップページから公共施設案内の保健所・保健センター
(http://mobile.city.okayama.jp/)
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は、下のQRコードを読み取っていただくと、岡山市公式携帯サイトがご覧になれます。

岡山市携帯サイトのQRコード


添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

こころの健康センター
電話:086-803-1273 ファクス:086-803-1772
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。