このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  高齢者・障害者・福祉 >  障害者の医療 >  自立支援医療費(精神通院医療)



ここから本文です。

自立支援医療費(精神通院医療)

概要

精神疾患の治療のために医療機関に通院する際の医療費の一部を公費で負担する制度です。
対象となる医療の自己負担割合が1割になり、さらに、所得状況及び疾病により自己負担上限額が設定されます。
なお、通院医療費が対象ですので、入院医療費には適用されません。
支給認定を受けると受給者証が交付されますので、それを医療機関の窓口で提示します。

有効期間

新規の場合は、申請の受付日から1年以内の月の末日までです。
再認定の場合は、前回の有効期間の終了する日の翌日から1年間です。
再認定の申請は有効期間の終了する日の3か月前から行うことができますので、必ず有効期間内に申請してください。

所得区分(自己負担上限額)

自己負担上限額表

 受診者の属する「世帯」の課税状況や受給者の収入に応じて所得区分と自己負担上限額が設定されます。
 月の自己負担額の累積額が上限に達して以降、医療費は徴収されません。
 自立支援医療における「世帯」は、住民票上の世帯に関わりなく、受診者が加入している医療保険によって判断しますので、健康保険や共済組合の場合は被保険者の方、国民健康保険の場合は同じ国民健康保険に加入している方全員、後期高齢者医療の場合は同じ世帯で後期高齢者医療の方全員になります。

<経過的特例について>
 「世帯」の市町村民税額(所得割額)が23万5千円以上で、「重度かつ継続」に該当する方(所得区分(5)´)は、平成30年3月31日までの経過措置として認定を受けることができます。


医療機関

受給者証に記載された指定医療機関(各都道府県等から指定を受けた病院・調剤薬局・訪問看護ステーション)で行われる医療のみ対象となります。
指定医療機関を変更する場合は、事前に変更申請の手続きが必要です。

※通院する医療機関・薬局は、原則1か所に限られます。
※岡山市指定医療機関(精神通院医療)は下記をご参照ください。

申請窓口

申請は、各保健センター・分室で受け付けています。
申請方法や必要書類などの詳しい内容は、保健センターまたは医療機関でおたずねください。

手続きに必要なもの

申請書等の所定の用紙は保健センターにあります。

新規・再認定

  1. 自立支援医療費支給認定申請書
  2. 医師の診断書(2年に1度の提出ですので、前年度に診断書を提出して支給認定を受けた方が再認定申請する場合は、原則として診断書の提出は不要です。)
  3. 健康保険証の写し(国民健康保険の場合は、同一記号番号全員の保険証の写しが必要です。)
  4. 印判
  5. 同意書及び収入申告書または市町村民税課税・非課税証明書(課税の基準となる年の1月1日の時点で岡山市に住民票がない方は、以前の住所地の市町村民税課税・非課税証明書が必要です。)
  6. 障害年金等を受給している場合は、収入基準の年の金額のわかるもの(年金額通知書や年金等の振込の記載がある通帳等のことで、市町村民税非課税世帯の場合に必要です。)
  7. 希望する医療機関、薬局の名称、所在地、電話番号がわかるもの(申請書に記載できれば、なくてもかまいません。) 
  8. 現在お持ちの自立支援医療受給者証(再認定の場合)

(注1)有効期間の経過後に申請する場合は、再認定ではなく新規になります。
(注2)岡山市外からの転入の場合は、住所変更ではなく新規になります。

医療機関の変更

  1. 自立支援医療費支給認定申請書
  2. 印判
  3. 変更したい医療機関、薬局の名称、所在地、電話番号がわかるもの(申請書に記載できれば、なくてもかまいません。) 
  4. 現在お持ちの自立支援医療受給者証

健康保険(自己負担上限額の変更がある場合)の変更

  1. 自立支援医療費支給認定申請書
  2. 新しい健康保険証の写し(国民健康保険の場合は、同一記号番号全員の保険証の写しが必要です。)
  3. 印判
  4. 同意書及び収入申告書または市町村民税課税・非課税証明書(課税の基準となる年の1月1日の時点で岡山市に住民票がない方は、以前の住所地の市町村民税課税・非課税証明書が必要です。)
  5. 障害年金等を受給している場合は、収入基準の年の金額のわかるもの(年金額通知書や年金等の振込の記載がある通帳等のことで、市町村民税非課税世帯の場合に必要です。)
  6. 現在お持ちの自立支援医療受給者証

氏名、住所(岡山市内における転居の場合)、健康保険(自己負担上限額の変更がない場合)の変更

  1. 自立支援医療受給者証記載事項変更届
  2. 変更後の内容がわかるもの(氏名、住所の変更の場合は住民票や運転免許証など、健康保険の変更の場合は新しい健康保険証の写し)
  3. 印判
  4. 現在お持ちの自立支援医療受給者証

(注)岡山市外からの転入の場合は、住所変更ではなく新規になります。

再交付

  1. 自立支援医療受給者証再交付申請書
  2. 印判
  3. 現在お持ちの自立支援医療受給者証(破損、汚損の場合)

医療機関の方へ

平成27年4月1日から診断書(精神通院医療用)の様式が変わります。
変更後の様式及び記載要領につきましては、添付ファイルをご確認ください。
なお、添付ファイルを利用して診断書を作成される場合は、A3版で印刷していただくようお願いします。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

こころの健康センター
電話:086-803-1273 ファクス:086-803-1772
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。