このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 出産・子育て >  里親制度について



ここから本文です。

里親制度について

 こどもが健やかに成長していくためには、あたたかい家庭が大切です。しかし、さまざまな理由により親元で暮らすことのできないこどもたちがいます。
このような親元で暮らすことのできないこどもたちを、児童福祉法に基づいて、個人の家庭で養育していただくのが「里親制度」です。
温かい愛情と正しい理解を持った家庭環境の下で養育を行うことにより、子どもの健全な育成を図るものです。

「里親になってみたい」「里親について話を聴いてみたい」とお考えでしたら、お気軽にお問い合わせください。

 里親の種類は?

  里親には以下の4種類があります。
里親の種類  概 要
養育里親  保護者のない児童又は保護者に監護させることが不適当であると認められる子ども(要保護児童といいます)を養育することを希望する里親
専門里親  養育里親のうち、虐待の影響や身体の障害などがあり養育するうえで特に支援を要する要保護児童を養育する里親
養子縁組里親  要保護児童を養育することを希望する者であって、養子縁組によって養親となることを希望する里親
親族里親  両親が死亡しているなどの事情のある要保護児童に対して扶養義務のある親族が、その要保護児童を養育することを希望する里親

 養育里親になるための手続きは?

  里親になるためには以下の手続が以下の順で必要です。
(1)相談  こども総合相談所にご相談ください。
(2)研修  養育里親研修を受講していただきます。
(3)申請  申請書に履歴書、健康診断書など必要書類を添えて提出していただきます。
(4)調査  こども総合相談所の職員が家庭訪問を行います。
(5)認定  岡山市児童福祉審議会に諮り、里親として適当と認められた方を認定登録します。

 

養育里親の要件は?

  以下の要件全てを満たしていることが必要です。
(1) 要保護児童の養育についての理解及び熱意並びに要保護児童に対する豊かな愛情を有していること
(2) 経済的に困窮していないこと
(3) 養育里親研修を修了していること
(4) ・福祉関係法律等の規定により罰金等の刑に処され、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者等でないこと
・児童虐待その他児童の福祉に関し著しく不適当な行為をした者でないこと

 

養育里親研修とは?

  養育里親研修は年に2回行っています。こども総合相談所にご相談いただいたうえで受講を希望される方に
 案内させていただいています。
養育里親研修 要保護児童を受け入れる養育里親として必要な基礎的知識や技術の習得を目的としています。
基礎研修(2日間)と認定前研修(4日間)で構成しています。基礎研修受講後に認定前研修を受講していただきます。研修内容は講義や実習などを行います。全課程を受講することで修了と認定します。
なお児童福祉施設での勤務経験がある方などは、部分的に受講免除が可能です。

 

専門里親、養子縁組里親、親族里親になるための手続等は?

  手続等はおおむね養育里親と同じですが、それぞれの種類に応じて異なる部分があります。
  詳しくはこども総合相談所にお問い合わせください。

 

里親に支給される費用は?

  児童を受け入れた里親には、国で定められている基準により生活費、学校教育費などが支給されます。

 

一時里親

  里親制度とは別に、夏休み、年末年始などに1~2泊程度の期間で児童養護施設等に入所中のこどもたちに
  家庭生活を体験させていただく、 「一時里親」という制度もあります。
  一時里親の要件は以下のとおりです。申請していただいたのち、申請者の家庭を訪問するなどしたうえで一時
  里親として登録となります。
  詳しくは、こども総合相談所におたずねください。
(1) 要保護児童の養育についての理解及び熱意並びに要保護児童に対する豊かな愛情を有していること
(2) 経済的に困窮していないこと
(3) ・福祉関係法律等の規定により罰金等の刑に処され、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者等でないこと
・児童虐待その他児童の福祉に関し著しく不適当な行為をした者でないこと

 
 

里親制度の説明会について

  岡山市には、約100人の方が里親として登録をされています。この数は決して多くはありません。さまざまな事情に
 より家庭で生活することが困難なこどもたちがいます。
 ひとりでも多くのこどもたちが家庭的な環境の中で生活ができるようにするためには、まだまだたくさんの方に里親に
 なっていただくことが必要です。
 岡山市ではみなさんに里親制度を理解していただくため、児童福祉に関心をお持ちの方々の集まりにお伺いして里親
 制度について説明させていただいています。
 里親制度が広く知られるようになり、また里親として活躍していただくためのきっかけになればと考えています。
 里親制度について話を聞いてみたいとお考えでしたら、お気軽にお問い合わせください。
 
 

10月は「里親月間」です。

  昭和23年10月に、里親制度が発足したことから、毎年10月を「里親月間」として、全国的に制度の普及・促進など、
 里親になってくださる方を求める運動が各地で展開されています。

 

里親フォーラムについて

 平成28年度岡山市では里親制度の普及・啓発のためのフォーラムを開催します。里親について知りたい、里親にな
りたいなど、里親に興味をお持ちの方は是非ご参加ください。
 講演会ではNPO法人キーアセット渡邊守先生を講師に迎え、ご自身の里親経験や里親支援活動をもとに里親家庭
の実際や児童福祉における家庭養護の実情についてお話いただきます。
 里親制度説明会では里親制度の概略について説明します。
 講演会のみの参加も可能です。詳しくはこども総合相談所までお問い合わせください。

 ・講演会・・・「里親さんをご存じですか?知ってほしい里親制度」
        講師 渡邊守先生(NPO法人キーアセット代表)
 ・対象者・・・市内在住で里親制度に関心をお持ちの方
 ・定 員・・・先着80人
 ・申 込・・・住所、氏名、年齢、電話番号を電話または電子メール(kodomosoudan@city.okayama.jp)
            で。定員に満たない場合は当日参加も受け付けます。
 ・里親フォーラム
  開催日 10月1日(土)
  場  所 岡山ふれあいセンター第2・3・4研修室 
  
時間 内容
12時30分 開場
13時~ 講演会
15時~ 里親制度説明会
16時 終了



里親制度説明会について

 里親について関心をお持ちの方のための説明会を行っています。
 里親制度の概要とあわせてこれまでに質問をいただいた事項などを踏まえて説明させていただきます。
 説明会終了後には希望があれば個別で質問をお受けします。
 ・対象者・・・市内在住で里親制度に関心をお持ちの方
 ・定  員・・・先着30人
 ・申  込・・・電話または電子メール(kodomosoudan@city.okayama.jp)で住所、氏名、年齢、電話番号をお伝えいた
        だきお申し込みください。
         定員に満たない場合は当日参加も受け付けます。
  開催日 場所
第1回 9月3日(土)13時~15時 岡山ふれあいセンター第2・3研修室
第2回 9月22日(木)13時~15時 岡山ふれあいセンター第1研修室







里親講座と座談会

 市民協働事業として里親制度の普及に関心を持たれている一般財団法人ぐるーんとともに里親講座と座談会を開催して
います。
 里親講座として講師に金香百合先生(HEALホリスティック教育実践研究所所長)からご自身の里親としての経験を踏ま
えて里親についてご講演いただきます。
 座談会として実際に里親として活動されている方々とお話ししていただく場を設けます。
 ・対象者・・・市内在住で里親制度に関心をお持ちの方
 ・定  員・・・先着60人
 ・申  込・・・一般財団法人ぐるーん河本代表まで。
         電話090-7977-2521 または e-mail:info@gruun.org
            定員に満たない場合は当日参加も受け付けます。
  開催日 場所
第2回 10月30日(日) 13:30~16:30 百花プラザ みどりの相談室(東区西大寺南)
 第3回の開催は決定次第お知らせします。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山っ子育成局こども総合相談所
電話:086-803-2525 ファクス:086-803-1773
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。