このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 学び・生涯学習 >  生涯学習 >  岡山市防災キャンプ推進事業



ここから本文です。

岡山市防災キャンプ推進事業

防災キャンプとは?

<目的>
 平成24年度より「防災キャンプ推進事業」として、以下の目的に沿った学習機会を提供しています。

(1)児童・生徒が、学校教育外の環境(放課後・学校休業日)において被災した場合など、さまざまな状況下において、自らの危険を回避できる能力を育てるため、必要な技術や知識を学習する機会を提供する。
(2)地域住民が、日常居住している地域で発生する災害を予測し、災害発生時でも冷静に対応できる応用力を養成するため、避難所開設実習や屋外での炊き出しなど、災害発生時に想定される状況を擬似体験できる学習機会を提供し、地域住民の防災意識の高揚を図る。 
(3)共通の体験を通じて、児童・生徒をはじめとした「地域住民間の絆づくり」を図り、地域住民間の共助精神の養成と、将来的な地域防災組織の構築に必要な人材の育成に寄与する。


<実施内容>
上記の目的を達成するため、具体的に以下の内容に基づいた学習機会を実施しています。

(1) 児童・生徒(=青少年)が放課後や学校休業日に被災することを想定した体験型防災教育プログラムの実施
(2) 地理環境等により想定される災害を視野に入れた防災教育プログラムの実施、河川地域、山間地域、沿岸地域、田園地域など各地域で想定される災害への対応に重点を置いたプログラムの実施
(3) 体育館、校庭、公民館等公共施設を避難所として想定したプログラムの実施
(4) 地震、津波、水害等の災害を想定したプログラムの実施
(5) 児童・生徒が、地域住民と相互理解を深め、相互扶助の精神を養成することを目的とした活動プログラムの実施


<実行委員会の設置>
 「防災キャンプ推進事業」では、災害発生時に自分の身の安全を守ることと、住民同士が互いに助け合う必要不可欠な相互扶助の精神を高めることも目指しています。


(1) 児童・生徒と地域住民が関わり合う(=絆作り・共助精神の養成)
(2) 児童・生徒と地域住民が経験し合う(=共通の防災意識を共有)
(3) 児童・生徒と地域住民が教え合う(=災害に対応しうる技術や知識、応用力を相互補完)

 意識の高揚を高めるために、実際にそれぞれの地域において想定される災害を認識し、実際に暮らしている住民の手によって擬似的な避難所運営体験や水害や地震など、その地域において懸念される災害に特化した学習プログラムを実施するため、地域住民と地域団体、公民館職員や教育機関、防災有識者などを含んで構成された実行委員会を設置して本事業を実施しています。実行委員会の設置にあたっては、地域の避難所でもあり、地域住民や地域団体の集い学ぶ場所でもある公民館をベースにして設置しています。

平成28年度防災キャンプ実施予定

 

公民館名 実施期間 場所 宿泊 主   な   内   容
中央公民館 10月2日
(日曜日)
三勲小学校 なし 防災クイズ、防災グッズづくり、非常食づくり、伝言ダイヤル体験、非常持出品リレー
11月27日
(日曜日)
宇野小学校 なし 防災クイズ、非常食づくり、煙道体験、消火訓練、防災ゲーム
西大寺公民館 10月9日
(日曜日)
西大寺小学校 なし 防災クイズ、防災体験、非常食づくり、防災講演、煙道体験
高松公民館 8月27日
(土曜日)
(庄内学区)
庄内小学校
なし 避難者名簿作成、煙道体験、消火訓練、消防車両展示、給水車体験、起震車体験、非常食づくり、新聞紙でスリッパ・チラシで食器づくり、応急手当、AED・心肺蘇生法、担架づくり
10月8日
(土曜日)
(加茂学区)
足守川河川敷
なし 安否確認・各班の連絡確認訓練、土嚢づくりと設置、応急手当、担架づくり、AED・心肺蘇生法訓練、消火訓練、放水訓練、消防車両試乗体験、起震車体験、非常持ち出し・災害事例の展示と見学、炊き出し訓練
10月10日
(月曜日)
(庄内学区)
稲荷自動車
教習所敷地内
なし 避難者名簿作成、消火訓練、煙道訓練、非常食づくり、応急手当、AED・心肺蘇生法
11月27日
(日曜日)
(鯉山学区)
鯉山小学校
なし 土嚢訓練、起震車体験、消火訓練、煙道体験、給水訓練、AED・心肺蘇生法訓練、非常食づくり
吉備公民館 8月29日
(月曜日)
吉備公民館 なし 防災講話、非常食づくり、防災ゲーム、消火訓練、応急処置訓練
妹尾公民館 9月10日
(土曜日)
妹尾小学校 なし 防災グッズづくり、防災ゲーム、非常食づくり、救護訓練,非常時連絡訓練
興除公民館 8月27日
(土曜日)
東疇小学校 なし 避難所運営、非常持ち出し袋点検、非常食づくり、防災講話・展示、防災グッズづくり、消火訓練
東公民館 7月18日
(月曜日)
幡多小学校 なし 避難所体験、防災グッズづくり、非常食づくり、防災マップ点検
富山公民館 12月18日
(日曜日)
富山小学校 なし 防災講話、非常食づくり、防災体験
光南台公民館 7月23日
(土曜日)
11月12日
(土曜日)
光南台公民館
宮浦公会堂
なし 避難体験、防災講話、防災グッズづくり、非常食づくり
東山公民館 11月27日
(日曜日)
旭東小学校 なし 非常食づくり、防災グッズづくり、煙道体験、消火訓練
御津公民館 11月26日
(土曜日)
御津公民館 なし AED体験、災害伝言ダイヤル体験、煙道体験、操法訓練、非常食づくり
建部町公民館 7月30日
(土曜日)
竹枝小学校 なし 非常食づくり、防災グッズづくり
10月8日
(土曜日)
福渡小学校 なし 防災クイズ、防災講話、避難所疑似体験、引き渡し訓練
1月21日
(土曜日)
建部小学校 なし 防災クイズ、防災講話、避難所疑似体験、避難所点検
瀬戸公民館 6月25日
(土曜日)
江西小学校 なし 防災体験、救護訓練、煙道体験、避難所点検、非常食づくり
※内容は、計画段階のものです。天候不良等の理由で、実施時に変更される場合があります。
※参加募集等は、各公民館(中学校区)内で直接実施しています。参加希望の場合も直接該当公民館へお尋ねください。

防災キャンプ実施の様子

防災キャンプ実行委員会

 防災キャンプ実行委員会は、地域住民と地域団体、公民館職員、学校関係者、消防関係者、防災有識者などで構成され、その地域の自然環境等を起因として発生する災害を予測し、実際に地域住民が被災することを想定した学習プログラムを策定するために設置されています。
 また、地域団体においては「炊き出しの実施」「避難所運営」「避難所までの避難誘導」「要支援者の保護と避難誘導」など、地域団体が担うであろう役割について再認識し、本事業において擬似的に体験することで来るべき災害に備えるためにご尽力をいただいています。

<防災キャンプ実行委員会のイメージ>

防災キャンプ実行委員会のイメージ

平成28年度岡山市防災教育フォーラムのお知らせ

下記日程で防災キャンプ推進事業の取組など、岡山市の防災教育について発表する防災教育フォーラムを開催します。

日時 平成29年2月25日(土曜日)
    13:00~16:00(受付12:30~)
場所 岡山ふれあいセンター 大ホール(岡山市中区桑野715-2)
申込 (1)所属・団体名(所属等がなければ無記入)(2)お名前(3)日中に連絡がつく連絡先
    上記内容を電話・Eメール・郵送でお知らせください。
定員 先着200名(先着順のため、応募多数の場合は締切日前でもお断りする場合があります。)
締切 平成29年2月20日(月)まで(郵送の場合は当日消印有効)

【申込・問い合わせ先】 
〒700-8544  岡山市北区大供一丁目1-1  
岡山っ子育成局 地域子育て支援課 
電話 086-803-1607  ファクス 086-803-1718
E-mail tiikikosodate@city.okayama.lg.jp

平成27年度防災教育フォーラムの様子
平成27年度防災教育フォーラムの様子

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山っ子育成局地域子育て支援課 青少年育成係
電話:086-803-1607 ファクス:086-803-1718
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。