このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 出産・子育て >  子育て支援 >  災害遺児教育年金



ここから本文です。

災害遺児教育年金

災害遺児教育年金制度について

義務教育在学中に加入していた保護者(加入者)が、災害等により死亡または重度の障害になったとき、
遺児が義務教育を修了するまでの教育費として年金が受けられる制度です。
(加入者の負担金が、年金の原資となる互助制度です。)

災害遺児教育年金の加入手続き

加入できる人

岡山市内に住所がある人で、義務教育課程に在学中の児童生徒を養育している保護者

(児童生徒1人につき、加入者は1人です。)

加入期間

毎年5月1日から翌年4月30日まで。

更新する場合は、毎年4月に申込手続きと加入者負担金が必要です。〔学校で手続きしてください。〕

(すでに受給している人は更新手続きは不要です。)

中途加入もできますが、中途加入者の期間は加入日の翌日から期間の末日(4月30日)までです。

(注意) 岡山市外に転出した場合は、上記の期間中でも資格がなくなります。

加入者負担金 

児童生徒1人につき  年額  200円  
 

災害遺児教育年金の受給手続き

災害時の手続き

加入期間中に加入者が災害等により死亡または重度の障害となったときは、こども福祉課に届け出てください。
申請書に添付していただく書類
1 加入証
2 死亡診断書または死体検案書(災害が確認できない場合は、警察署や消防署などの発行する証明書)
3 住民票(世帯全員が記載されているもの)
4 戸籍謄本
重度障害による申請の場合は、お問い合わせください。

受給期間

死亡または重度の障害となった月の翌月分から中学校を卒業する月分まで。

年金額

小学校在学中 月額 14,000円 

中学校在学中 月額 16,000円

支払月

3月、6月、9月、12月

年金が支給停止となる場合

 次の場合は、年金が支給されません。
1 遺児が就学状態であるにもかかわらず、就学しないとき。
2 保護者の再婚などにより遺児でなくなったとき。 など                            

お問い合わせ先

詳しいことは、こども福祉課におたずねください。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山っ子育成局こども福祉課 子育て給付係
電話:086-803-1222 ファクス:086-803-1719
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。