このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 出産・子育て >  医療助成 >  未熟児養育医療について



ここから本文です。

未熟児養育医療について

制度

出生後、体重が一定以下である乳児や生活力が薄弱である乳児に対して、指定医療機関において入院医療費(医療保険)を助成する制度です。ただし、扶養義務者の所得に応じて自己負担が必要となる場合があります。

対象者

 岡山市内に住所を有している未熟児(次のいずれかの症状等を有している)で、医師が入院養育が必要と認めた方
 (1)出生体重が2,000g以下の乳児
 (2)(1)以外の乳児で生活力が特に弱く、下記の「対象となる症状」に掲げるいずれかの症状を示す乳児

  「対象となる症状」
    (ア)一般状態
       ○運動不安、痙攣(けいれん)があるもの
       ○運動が異常に少ないもの
    (イ)体温が摂氏34度以下のもの
    (ウ)呼吸器、循環器系
       ○強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
       ○呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、又は毎分30以下のもの
       ○出血傾向の強いもの
    (エ)消化器系
       ○生後24時間以上排便のないもの
       ○生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
       ○血性吐物、血性便のあるもの
    (オ)黄疸(おうだん)
       ○生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

指定養育医療機関

指定された養育医療機関での医療に限られます。

給付期間

 入院治療にかかる期間が対象です。ただし、最長でも満1歳の誕生日の前々日までとなります。
(未熟児養育医療の入院期間については主治医にご確認ください。)

支給対象

  (1)診察
 (2)薬剤又は治療材料の支給
 (3)医学的処置、手術及びその他の治療
 (4)病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
 (5)移送
 (6)食事療養費及び生活療養

自己負担金

 対象となる乳児の扶養義務者の所得に応じて自己負担金が設定されます。岡山市の場合、岡山市子ども医療費助成制度を併用します。所得が一定以上の方は、自己負担が発生する場合があります。(詳細は、健康づくり課へお問い合わせください。)

申請場所

 〒700-8546
 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 岡山市保健福祉会館2階
 岡山市保健所健康づくり課 特定疾病係

申請に必要な書類

  (1)養育医療給付申請書
 (2)養育医療意見書(医師が記入)
 (3)世帯調書
 (4)健康保険証(お子様の保険証ができていないときは、加入予定の被保険者の保険証で代用可能。)
 (5)扶養義務者(世帯)全員の所得税額が確認できる書類 ※1
    ○会社勤めの方・・・源泉徴収票
    ○自営業又は確定申告をする方・・・確定申告書の控え
    ○市民税が非課税の方・・・市県民税課税証明書 ※2 
     ※1 配偶者の扶養に入っている方においても、所得税額を確認する期間中の所得税額が確認できる書類の提出が必要です。
     ※2 基準年度の基準日に岡山市に住民票がある方は、省略できる場合があります。
 提出する税証明等の年(度)  

提出する課税証明 4~5月 6~12月 1~3月
所得税
(源泉徴収票または確定申告書)
前々年 前年 前々年
市民税  前年度 本年度 本年度
 (6)申出書
 (7)お子様と同じ医療保険に加入する世帯全員の個人番号(マイナンバー)がわかるもの(通知カード、個人番号カード、個人番号付き住民票(写し可)等)
    (お子様の個人番号がまだ判明していない場合、判明前であっても申請は可能。)  

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所健康づくり課 特定疾病係
電話:086-803-1271 ファクス:086-803-1758
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。